豊洲市場の野菜は割高

築地市場から豊洲市場へ移転した結果、都心から場所が離れたために買い出しに行く方が減っていると聞きました。

その方々はインターネットや納屋などを新たに活用しているとのことです。

中でもフーディソンという鮮魚のインターネットが人気とのこと。

登録店舗はすべて1万店舗になるのだとか、

飲食店からの注文を豊洲市場にてフーディソンが購入して宅配便にて配送する仕組みです。

配送料は1回500円と使い勝手もいいようです。

豊洲市場には青果卸もあるのですが、鮮魚卸と比べると件数も少なく賑わいも今一つのイメージです。

その主な理由が元々築地価格と言われていただけあって、他の市場と比べると割高なのが原因です。

弊社は東京の市場を活用しているのですが、豊洲市場のみ取引がありません。

単に店舗から近いからという理由で築地市場にて野菜を購入していた方もいるかと思いますが、場所が離れたことでわざわざ割高な豊洲市場にて野菜を購入する理由がなくなったような気がします。

弊社は品質、価格に自信がありますので、ぜひこの機会に見積もりの提出の機会を頂戴できればと思います。

今までいかに高く野菜を購入していたかがわかるかと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

野菜のトリバゴ

弊社のビジネスは野菜の価格比較サイトではなく、各エリアに適した最安値の野菜卸を手動でマッチングするビジネスとなります。

野菜の価格は日々変動しており、各野菜卸の価格はネット上には存在しておりません。
弊社の強みはクローズドな各野菜卸の価格を独自に把握しており、各エリア毎ごとに一番適した野菜卸をあてがうことができます。
例えば東京の渋谷区であればA社、足立区であればB社といった感じです。
現在展開しているエリアは関東、中部、関西、仙台となります。
来年度中には全国で展開の予定です。
このような仕組みを持つ会社は他に例はなく独特のビジネスモデルになるかと思います。
弊社の基本コンセプトは「同じ野菜なら安い方がいいよね」です。トマトはトマトですし、胡瓜は胡瓜です。特に違いはありません。
ホテル比較サイトのトリバゴの野菜版と思っていただくと分かりやすいかと思います。
一度、見積もりをご提出する機会を頂戴できればと思います。
よろしくお願いいたします。

卸間の価格差を活用

弊社のコンセプトは同じ野菜なら安い方がいいよね、です。

野菜のトリバゴ版と思っていただければと思います。
大根は大根ですし、人参は人参です。
同じ大根なら安い方がいいに決まっています。
しかしながら全国に何百社もある卸の野菜の価格は全社バラバラです。
ネット上には、業務用野菜の価格を比較するサイトもありますが、ここで公開されている価格は、当日の卸値ではなく、パッケージした商品の価格で、卸価格の変動リスクも織り込んだ価格なのです。
卸の価格はネット上に公開されておりませんので、卸の価格を知ろうと思えば1社ごと確認しなくてはいけません。
労力も必要ですし、一見さんには価格は教えてもらえません。
弊社はこの公開されていない各卸ごとの価格を日々把握しており最安値の卸から飲食店などのお客様へ日々野菜を配達しております。
この仕組みを持っているのは日本広しと言えども弊社のみです。
最近、野菜の価格が高騰しております。
弊社は全国展開しておりますので価格でお困りのお客様はぜひこの機会に弊社までお問い合わせください。
ご連絡お待ちしております。

 

築地市場から豊洲市場へようやく移転しました。

皆さんは築地市場と聞くと魚のイメージが強いかもしれませんが、野菜の取り扱いもあります。
日本で一番大きな青果市場は大田市場ですが、築地は2番目に大きい規模になります。
野菜市場は都内には他かに北足立市場、豊島市場、淀橋市場、葛西市場、多摩市場、世田谷市場があります。
これもあまり知られていないことかもしれません。
弊社は築地市場以外、都内すべての市場と取引しております。
築地市場と取引をしていない理由は築地価格(ブランド)として高めの価格設定になっているからです。
また、弊社が複数の市場と取引をする理由は配送エリアの問題があります。
例えば大田市場から足立区へ配送するのは距離もあり配送している野菜卸はあまりありません。
弊社では足立区から配送の依頼があった場合には北足立市場の野菜卸を利用します。
現在、弊社では、東京以外に名古屋、大阪、神戸、仙台の市場を利用しております。
各市場の野菜の価格を比較すると大田市場が一番安くなっています。
仕入れる物量の違いかと思います。
神戸や名古屋は高めのイメージがあります。
弊社では上記のとおり全国複数の市場との取引がありますので全国のお客様との取引が可能です。
このような野菜卸は全国で弊社のみかもしれません。
(他に聞いてことがありません。)
ご興味のある方は見積もりだけでもかまいませんのでお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

トリバゴの野菜版

弊社のコンセプトは同じ野菜なら安い方がいいよね、です。
中央卸売場には何百という業務用野菜卸が存在しています。
弊社はその業務用野菜卸間の価格差に注目したビジネスを行っております。
全く同じ大根でもA社では100円、B社では150円、C社では200円など価格はバラバラです。 弊社では最安値のA社から仕入れをして販売することで価格の優位性を保っております。 この傾向は全国他の中央卸売場でも同じです。 弊社では関東、中部、関西の主要な都市にて同様のビジネスを展開しております。 トリバゴの野菜版と考えていただけたらわかりやすいかと思います。

豊洲市場の野菜は割高

築地市場から豊洲市場へ移転した結果、都心から場所が離れたために買い出しに行く方が減っていると聞きました。

その方々はインターネットや納屋などを新たに活用しているとのことです。

中でもフーディソンという鮮魚のインターネットが人気とのこと。

登録店舗はすべて1万店舗になるのだとか、

飲食店からの注文を豊洲市場にてフーディソンが購入して宅配便にて配送する仕組みです。

配送料は1回500円と使い勝手もいいようです。

豊洲市場には青果卸もあるのですが、鮮魚卸と比べると件数も少なく賑わいも今一つのイメージです。

その主な理由が元々築地価格と言われていただけあって、他の市場と比べると割高なのが原因です。

弊社は東京の市場を活用しているのですが、豊洲市場のみ取引がありません。

単に店舗から近いからという理由で築地市場にて野菜を購入していた方もいるかと思いますが、場所が離れたことでわざわざ割高な豊洲市場にて野菜を購入する理由がなくなったような気がします。

弊社は品質、価格に自信がありますので、ぜひこの機会に見積もりの提出の機会を頂戴できればと思います。

今までいかに高く野菜を購入していたかがわかるかと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

野菜のトリバゴ

弊社のビジネスは野菜の価格比較サイトではなく、各エリアに適した最安値の野菜卸を手動でマッチングするビジネスとなります。

野菜の価格は日々変動しており、各野菜卸の価格はネット上には存在しておりません。
弊社の強みはクローズドな各野菜卸の価格を独自に把握しており、各エリア毎ごとに一番適した野菜卸をあてがうことができます。
例えば東京の渋谷区であればA社、足立区であればB社といった感じです。
現在展開しているエリアは関東、中部、関西、仙台となります。
来年度中には全国で展開の予定です。
このような仕組みを持つ会社は他に例はなく独特のビジネスモデルになるかと思います。
弊社の基本コンセプトは「同じ野菜なら安い方がいいよね」です。トマトはトマトですし、胡瓜は胡瓜です。特に違いはありません。
ホテル比較サイトのトリバゴの野菜版と思っていただくと分かりやすいかと思います。
一度、見積もりをご提出する機会を頂戴できればと思います。
よろしくお願いいたします。

卸間の価格差を活用

弊社のコンセプトは同じ野菜なら安い方がいいよね、です。

野菜のトリバゴ版と思っていただければと思います。
大根は大根ですし、人参は人参です。
同じ大根なら安い方がいいに決まっています。
しかしながら全国に何百社もある卸の野菜の価格は全社バラバラです。
ネット上には、業務用野菜の価格を比較するサイトもありますが、ここで公開されている価格は、当日の卸値ではなく、パッケージした商品の価格で、卸価格の変動リスクも織り込んだ価格なのです。
卸の価格はネット上に公開されておりませんので、卸の価格を知ろうと思えば1社ごと確認しなくてはいけません。
労力も必要ですし、一見さんには価格は教えてもらえません。
弊社はこの公開されていない各卸ごとの価格を日々把握しており最安値の卸から飲食店などのお客様へ日々野菜を配達しております。
この仕組みを持っているのは日本広しと言えども弊社のみです。
最近、野菜の価格が高騰しております。
弊社は全国展開しておりますので価格でお困りのお客様はぜひこの機会に弊社までお問い合わせください。
ご連絡お待ちしております。

 

築地市場から豊洲市場へようやく移転しました。

皆さんは築地市場と聞くと魚のイメージが強いかもしれませんが、野菜の取り扱いもあります。
日本で一番大きな青果市場は大田市場ですが、築地は2番目に大きい規模になります。
野菜市場は都内には他かに北足立市場、豊島市場、淀橋市場、葛西市場、多摩市場、世田谷市場があります。
これもあまり知られていないことかもしれません。
弊社は築地市場以外、都内すべての市場と取引しております。
築地市場と取引をしていない理由は築地価格(ブランド)として高めの価格設定になっているからです。
また、弊社が複数の市場と取引をする理由は配送エリアの問題があります。
例えば大田市場から足立区へ配送するのは距離もあり配送している野菜卸はあまりありません。
弊社では足立区から配送の依頼があった場合には北足立市場の野菜卸を利用します。
現在、弊社では、東京以外に名古屋、大阪、神戸、仙台の市場を利用しております。
各市場の野菜の価格を比較すると大田市場が一番安くなっています。
仕入れる物量の違いかと思います。
神戸や名古屋は高めのイメージがあります。
弊社では上記のとおり全国複数の市場との取引がありますので全国のお客様との取引が可能です。
このような野菜卸は全国で弊社のみかもしれません。
(他に聞いてことがありません。)
ご興味のある方は見積もりだけでもかまいませんのでお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

トリバゴの野菜版

弊社のコンセプトは同じ野菜なら安い方がいいよね、です。
中央卸売場には何百という業務用野菜卸が存在しています。
弊社はその業務用野菜卸間の価格差に注目したビジネスを行っております。
全く同じ大根でもA社では100円、B社では150円、C社では200円など価格はバラバラです。 弊社では最安値のA社から仕入れをして販売することで価格の優位性を保っております。 この傾向は全国他の中央卸売場でも同じです。 弊社では関東、中部、関西の主要な都市にて同様のビジネスを展開しております。 トリバゴの野菜版と考えていただけたらわかりやすいかと思います。

豊洲市場の野菜は割高

築地市場から豊洲市場へ移転した結果、都心から場所が離れたために買い出しに行く方が減っていると聞きました。

その方々はインターネットや納屋などを新たに活用しているとのことです。

中でもフーディソンという鮮魚のインターネットが人気とのこと。

登録店舗はすべて1万店舗になるのだとか、

飲食店からの注文を豊洲市場にてフーディソンが購入して宅配便にて配送する仕組みです。

配送料は1回500円と使い勝手もいいようです。

豊洲市場には青果卸もあるのですが、鮮魚卸と比べると件数も少なく賑わいも今一つのイメージです。

その主な理由が元々築地価格と言われていただけあって、他の市場と比べると割高なのが原因です。

弊社は東京の市場を活用しているのですが、豊洲市場のみ取引がありません。

単に店舗から近いからという理由で築地市場にて野菜を購入していた方もいるかと思いますが、場所が離れたことでわざわざ割高な豊洲市場にて野菜を購入する理由がなくなったような気がします。

弊社は品質、価格に自信がありますので、ぜひこの機会に見積もりの提出の機会を頂戴できればと思います。

今までいかに高く野菜を購入していたかがわかるかと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

野菜のトリバゴ

弊社のビジネスは野菜の価格比較サイトではなく、各エリアに適した最安値の野菜卸を手動でマッチングするビジネスとなります。

野菜の価格は日々変動しており、各野菜卸の価格はネット上には存在しておりません。
弊社の強みはクローズドな各野菜卸の価格を独自に把握しており、各エリア毎ごとに一番適した野菜卸をあてがうことができます。
例えば東京の渋谷区であればA社、足立区であればB社といった感じです。
現在展開しているエリアは関東、中部、関西、仙台となります。
来年度中には全国で展開の予定です。
このような仕組みを持つ会社は他に例はなく独特のビジネスモデルになるかと思います。
弊社の基本コンセプトは「同じ野菜なら安い方がいいよね」です。トマトはトマトですし、胡瓜は胡瓜です。特に違いはありません。
ホテル比較サイトのトリバゴの野菜版と思っていただくと分かりやすいかと思います。
一度、見積もりをご提出する機会を頂戴できればと思います。
よろしくお願いいたします。

卸間の価格差を活用

弊社のコンセプトは同じ野菜なら安い方がいいよね、です。

野菜のトリバゴ版と思っていただければと思います。
大根は大根ですし、人参は人参です。
同じ大根なら安い方がいいに決まっています。
しかしながら全国に何百社もある卸の野菜の価格は全社バラバラです。
ネット上には、業務用野菜の価格を比較するサイトもありますが、ここで公開されている価格は、当日の卸値ではなく、パッケージした商品の価格で、卸価格の変動リスクも織り込んだ価格なのです。
卸の価格はネット上に公開されておりませんので、卸の価格を知ろうと思えば1社ごと確認しなくてはいけません。
労力も必要ですし、一見さんには価格は教えてもらえません。
弊社はこの公開されていない各卸ごとの価格を日々把握しており最安値の卸から飲食店などのお客様へ日々野菜を配達しております。
この仕組みを持っているのは日本広しと言えども弊社のみです。
最近、野菜の価格が高騰しております。
弊社は全国展開しておりますので価格でお困りのお客様はぜひこの機会に弊社までお問い合わせください。
ご連絡お待ちしております。

 

築地市場から豊洲市場へようやく移転しました。

皆さんは築地市場と聞くと魚のイメージが強いかもしれませんが、野菜の取り扱いもあります。
日本で一番大きな青果市場は大田市場ですが、築地は2番目に大きい規模になります。
野菜市場は都内には他かに北足立市場、豊島市場、淀橋市場、葛西市場、多摩市場、世田谷市場があります。
これもあまり知られていないことかもしれません。
弊社は築地市場以外、都内すべての市場と取引しております。
築地市場と取引をしていない理由は築地価格(ブランド)として高めの価格設定になっているからです。
また、弊社が複数の市場と取引をする理由は配送エリアの問題があります。
例えば大田市場から足立区へ配送するのは距離もあり配送している野菜卸はあまりありません。
弊社では足立区から配送の依頼があった場合には北足立市場の野菜卸を利用します。
現在、弊社では、東京以外に名古屋、大阪、神戸、仙台の市場を利用しております。
各市場の野菜の価格を比較すると大田市場が一番安くなっています。
仕入れる物量の違いかと思います。
神戸や名古屋は高めのイメージがあります。
弊社では上記のとおり全国複数の市場との取引がありますので全国のお客様との取引が可能です。
このような野菜卸は全国で弊社のみかもしれません。
(他に聞いてことがありません。)
ご興味のある方は見積もりだけでもかまいませんのでお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

トリバゴの野菜版

弊社のコンセプトは同じ野菜なら安い方がいいよね、です。
中央卸売場には何百という業務用野菜卸が存在しています。
弊社はその業務用野菜卸間の価格差に注目したビジネスを行っております。
全く同じ大根でもA社では100円、B社では150円、C社では200円など価格はバラバラです。 弊社では最安値のA社から仕入れをして販売することで価格の優位性を保っております。 この傾向は全国他の中央卸売場でも同じです。 弊社では関東、中部、関西の主要な都市にて同様のビジネスを展開しております。 トリバゴの野菜版と考えていただけたらわかりやすいかと思います。