飲食店のカット野菜の仕入れが増えた理由とは

ようやく野菜高騰も落ち着きの方向に入りましたが、今年は葉物のキャベツやレタスが長雨のため価格高騰しました。特にキュウリは3倍もの価格高騰で飲食店の方々にとっては利益を圧迫する大打撃だったのではないでしょうか。コロナ禍の難しい商売環境下に加えた、野菜の価格高騰を様々な方法で乗り切っている方がいらっしゃると思いますが、中でもカット野菜を活用されている飲食店は現在多くなっています。今回の野菜価格高騰の以前からカット野菜の需要は年々と伸びていますので、飲食店で活用できるカット野菜のメリットをご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

飲食店が農家から直接野菜を購入するメリットデメリット

最近は健康意識が高まっていることもあり、有機野菜使用などのこだわり食材を使っていることをメニューでアピールしているお店も見かけることが多くなりました。インターネットやSNSが発達しているので、希望の野菜を作っている農家さんとコンタクトをとることも可能な時代です。そこで、飲食店にとって農家さんがこだわって作った新鮮で品質の良い野菜を調達することができれば、アピールポイントになるのかなと検討されている方が参考になる、農家から野菜を直接購入するメリットデメリットについて今回はご紹介致します。

 

続きを読む 0 コメント

スーパーの野菜と飲食店の野菜は同じなの?

多くの消費者の方がスーパーで野菜を購入し調理して食べていると思いますが、飲食店などはどうなんだろうと思ったことはありませんか?飲食店の場合はスーパーで購入した野菜を使って食事を提供しているところもありますが、チェーン店など経営の規模が大きくなればなるほど業務用野菜と言われるカット野菜や冷凍野菜を代表する加工された野菜を使って調理をしていることが多いです。今回はなぜ飲食店が業務用野菜を使用しているのかという点についてご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

国産野菜と外国産野菜の違いとは?

外国産野菜、輸入野菜と聞くと、あまり良いイメージを持っていない方がまだまだ多いのではないでしょうか?「農薬が心配」であったり「生産工程など衛生面が不安」というマイナスなイメージがあるように感じます。これは2002年に起こった中国の冷凍ほうれんそうの残留農薬の事件の記憶から来るものとなっていて、この時をきっかけにより一層「国産使用」をアピールする品物が増えたり、消費者も生産地などの表示を気にするきっかけになっています。しかし、一方で外国産野菜は輸入量がどんどん増えています。今回は国産野菜と外国産野菜のちがい、それぞれのメリットをご紹介しますので上手に活用できる一助になれば幸いです。

 

続きを読む 0 コメント

野菜卸から仕入れるメリットとは?

「スーパーで売られている野菜の値段の9割は中間マージン」という記事をご覧になったことはありますでしょうか?現在は元記事が削除されてしまいましたが、実はこちらは誤った内容だったため衝撃の内容で一時ネット上が騒然となりました。では、この記事の正しい解釈での中間マージンはどのくらいかと言うと、スーパーの野菜価格が200円だったとすれば生産者の農家さんの手取りは約105円というのが正しい内容でした。野菜によっての違い、地域によって運送費の違いなど色んなケースがあるので一概に同じとは言えませんが、農家さんの出荷価格と小売価格にはちがいがあるのは間違いありません。それなら、野菜を調達するときは農家さんから直接仕入れることができれば一番新鮮で低価格で手に入るじゃないか!と思うかもしれませんが、そううまくいかない理由と野菜卸から仕入れるメリットについてご紹介致します。

 

続きを読む 0 コメント

今野菜の仕入れ価格が高騰している理由

キュウリの価格が3倍、ナスやオクラも価格が倍増でスーパーの価格を見て主婦の悲鳴が聞こえてくるくらい野菜が高騰しています。夏野菜の定番でもあるキュウリは通常1本30円~40円でスーパーで売られていることが多いですが、今年はお盆明け以降に急激に価格が高騰していて1本100円前後まで上がっています。今回は、現在の野菜高騰の理由と対策案についてご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

秋におすすめの野菜7選

現在は近場のスーパーでも1年中さまざまな種類の野菜が調達できますので、旬の野菜と言われてもなにが旬の野菜なのかしっくりこないのではないでしょうか?旬の野菜は季節ごとのおいしさを楽しむだけでなく、栄養価の面でも優れていることが多いです。今回は、収穫の秋とも言われる味覚の秋野菜を紹介致します。秋野菜には夏の疲労を回復し、冬の寒さに備え体を温める効果がありますので、代表的な野菜7選の特徴についてふれていきますので活用してくださいね。

 

続きを読む 0 コメント

福島県の野菜は食べても大丈夫なの?

東日本大震災、福島第一原子力発電所の事故から10年が経過しました。福島県産の野菜も安全と広く認知されるようになってきていますが、放射性物質の土や農産物への影響が気になったり、なんとなく福島県産の野菜を避けている方はいらっしゃるのではないでしょうか。農林水産省や内閣府、首相官邸からしっかりと公式に安全性については発信されていますので、ご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

野菜の価格が高騰する理由

農林水産省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通しについて、主産地等からの聞き取りを定期的に公表しています。直近、7月の発表では、はくさい、キャベツ、レタスが天候が順調であったため、例年と比べて多くの野菜で生育が良好で安値傾向となる見込みです。平成23年から主産地、卸売会社、中間事業者等から聞き取りを行い、その結果は過去のものも農林水産省ホームページに掲載されています。では、このような野菜の価格の変動はどのようにして起こるのかについて今回はご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

結局どこのフードデリバリーが一番良いの?

飲食店は、度重なる緊急事態宣言の発令で時短要請を受けて、コロナ禍で苦しい環境になってています。対策として飲食店では、フードデリバリーを利用して売上を稼いでいこうと考えている、もしくは既に実施しているお店が多いのではないでしょうか。今回はデリバリーサービスの導入を検討している方に向けてお店側の手数料についてご紹介していきます。売上策のヒントになれば幸いです。

 

続きを読む 0 コメント

全国主要都市の中央卸売青果市場の夏休みについて

飲食業界で広く利用されている野菜卸。安く、旬な野菜を、欲しいだけ調達できるので活用されている方も増えています。通常ですと、中央卸市場は日曜日、水曜日が休場となっていますが8月については全国の中央卸市場によって営業が異なっています。仕入れにも影響してきますので今回はこちらについてご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

全国の飲食店の時短要請まとめ

本日、8/3(火)時点で飲食店の時短要請として広島市、岡山市にさらに追加のニュースが発表されました。先週末の7/31(金)時点でも福岡県、栃木県が追加の時短要請が発表されており、各行政が慌ただしく独自に踏み切っているものもあるため、無数に存在している状況です。お住いの各自治体の情報公開に従っていただくようお願いいたします。本ブログでは現在飲食店への営業時短要請でどんなことが起こっているのか代表的な都市部を例としてご紹介致します。

 

続きを読む 0 コメント

青ネギと白ネギのちがい

ネギは薬味としてトッピングに万能なので馴染み深い野菜ですが、青ネギと白ネギとの違いは、いざ聞かれてもあまりわからないですよね。食習慣としても関西の方には青ネギが、関東の方には白ネギと分かれることが多いネギの種類、特徴や、それぞれの違いが一体どのようになっているのかをご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

工場野菜は健康に良いのか

農薬を使わずに室内などで環境要因にも左右されず野菜を育てることができる植物工場。そこで作られる工場野菜が増えていますが、栄養価や健康面では問題ないのか?気になりますよね。結論から申し上げますと、通常の野菜とそん色なく問題ありません。むしろ、メリットのほうが多いという点について今回はご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

野菜の保存期間について

野菜は私たちが日々目にしている生産日や消費期限が明記されていませんので、どのくらいし保存できるのか、どのくらいで食べきれば良いのかわかりにくいですよね。野菜ごとにちがいますが、どのようにして保存すれば少しでも美味しい状態で野菜を食べることができるかヒントになると思いますので、今回は野菜の保存期間についてをご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

業務用野菜はどこから仕入れるのか

飲食店や給食、病院といった食事を提供する事業を経営しているとサービスの質、コストの両方の面で仕入れ先は重要になってきます。ベテランの経営者さん~個人で飲食店を新規開業された方まで同じ悩みかと思いますのでご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

冷凍野菜と生鮮野菜のちがい

保存が便利で、野菜の旬にかかわらず調達できる冷凍野菜。洗う、切る、茹でるといった調理の手間もはぶけて下ごしらえの手間なく使えるので、ご家庭の料理から飲食店の業務用まで重宝されている強い味方です。身の回りで多く利用されていますが、生鮮野菜とのちがいは詳しくご存知ない方も多いのではないでしょうか?今回は冷凍野菜と生鮮野菜のちがいについてご紹介しています。

 

続きを読む 0 コメント

野菜卸の仕事内容

青果市場で働いている野菜卸の仕事は、なんとなく「朝が早そうだなあ…」というようなイメージであまりよく知られていないのではないでしょうか。野菜卸の仕事は、卸売業者と仲卸業者の2つに分かれます。まず、卸売業者の場合は、生産者の農家さんや産地仲買人、出荷団体から商品となる野菜や果物を集荷し、卸売市場での買い手である仲卸業者や売買参加者に販売する仕事になります。続いて、仲卸業者の場合は、卸売市場で仕入れた野菜や果物を小口にして、小売業者や加工業者、飲食店や消費者に販売する仕事になります。今回はこの野菜卸の仕組みについてご紹介してまいります。

 

続きを読む 0 コメント

アボガドの食べごろについて

買ってきたアボカドが、固かったり、柔らかすぎたりした経験はありませんか?いざ、切って見たら固かったなんて場合は調理することもできず困ってしまいます。今回は以前にもブログにした並んでいるアボカドを見た時、どれを選べば良いのか、アボカドの食べ頃を見分けるポイントを復習するとともに、購入後アボカドを切って見たら固かった場合の対処法についてご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

なぜゴーヤは苦い?栄養豊富なゴーヤの苦味解決法

夏野菜の代表ともいえるゴーヤですが、沖縄~九州で多く栽培されていて6月から9月に旬を迎えます。ニガウリと呼ばれることもあるように、栄養たっぷりの魅力の反面、苦味が原因で嫌いな方もいらっしゃる野菜です。しかし、整腸作用や食欲不振の解消などが期待でき夏バテ予防にもなる栄養豊富な野菜ですので、上手に苦味を解決して美味しく食べる方法と魅力についてご紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント