Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




ベジタブルカフェ

多くの顧客が飲食店に対して健康志向であることを望む中で少しずつ浸透しつつある飲食店のモデルケースがあるのはご存知でしょうか?タイトルにもありますが、ベジタブルカフェと呼ばれる飲食店モデルが採用されるケースは近年珍しくはありません。

 

ベジタブルカフェの定義は難しいところですが、昨年閉店してしまった札幌のベジタブルカフェライラがそのモデルを象徴しているといってもいい。ライラのコンセプトは食は運命を左右するといった言葉で江戸時代の観相家として活動した水野南北の言葉として知られています。この言葉に影響を受けた石塚左玄は自然食養という事を考えた人物です。

 

さて、ライラでは薬膳カレーや野菜をふんだんにつかった定食、飲み物に関しても野菜を使ったものを多く提供し、さらにお米は玄米とまさに健康を意識したメニューが多く提供されていました。実をいうとこうした健康を意識したメニューを提供する店はライラのみならず全国に多く出店されています。

 

現在、ライラはお米などの販売は継続して行ってはいますが、カフェ自体は閉店してしまっています。閉店してしまったのならばこうしたベジタブルカフェは問題のあるビジネスモデルなのではないかと懸念される方もいらっしゃるかと思いますが、ライラの閉店理由として気になる口コミがありました。

 

ライラは接客に関しては行き届いた良い店だったらしいのですが、健康志向のコンセプトとは裏腹にきんぴらごぼうなどの味が濃かったりと味付けの面で問題があったという声が一部の顧客から囁かれていたのです。世の中の需要としてはこの塩分も控えめにする必要もあるのでしょうが、おそらくこうしたことが起こってしまったのは料理をつくるシェフに問題があったのではないかと考えられます。

 

ベジタブルカフェとしてのコンセプトや自然食材を使う、メニューをヘルシーのもので提供するなどといったコンセプトそのものは悪くないのですが、こうした部分には優秀なシェフやあわよくば栄養士などが管理しながら提供していかないことには顧客の満足度をあげるのは難しいのかもしれませんね。

 

現在、飲食店を経営されている方や今後、こうしたベジタブルカフェを開店したいと考えているオーナーさんは栄養士監修のメニューを提供するベジタブルカフェなるものを開店してみてはいかがでしょうか。多くの健康志向の方の心をつかむことができるかもしれません。

 

今回は、ベジタブルカフェについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回はあえて失敗のモデルとしてライラをあげさせていただきましたが、実際に成功しているお店も沢山あります。少しでも長くこうした飲食店が世に広まってくれたら良いですね。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

0 コメント

野菜ジュースを飲むことに意味はある?その効果が知りたい

現代人は時間が無かったり、野菜の高騰などであったりなど様々な理由で野菜ジュースを飲用するという方も少なくはありません。その中である程度健康などに気を使って飲んでいるという人に対して野菜ジュースを飲むことは意味が無いといっている一部の人もいるのですが実際にはどうなのでしょうか?今回はそのあたりに対して考察して行きます。

 

先ず、野菜ジュースに使われる野菜ですが、これは多くの場合は外国産であることが多いとされています。外国から日本に野菜を運ぶ際に熱濃縮と呼ばれる、野菜の水分を減らして体積を減らして輸送する方法が用いられているのですが、この行為が効果のないとされている原因です。

 

こうした中で、当然ビタミンを失ってしまうので、栄養としては少なくなってしまうというのはあながち間違ってはいないのですが、失われたビタミンに関しては後で付け足すことのほうが多いので、実際は栄養価は大きくは変わらないとみて良いかと思います。

 

それから野菜ジュースはジュースという名前からして糖分を多く含んでいるために逆に健康を害する恐れがあるのではないかと懸念している人も少なくはありません。この点については確かに飲みやすくするために糖分を多くしているジュースもなくはないので一概にはいえませんが、多くの野菜ジュースは砂糖無添加としている場合も多いです。

 

結果的に野菜ジュースが健康に良いのかという点ですが、これは商品によるのでなんともいえないものの、その効果は少なからずあるというのが結論です。ただし、この効果というのも通常に野菜を摂るよりは遥かに劣るというのは納得せざるを得ません。

 

その上でより効果の高い飲料をどうしても選びたいのなら、野菜汁比率が100パーセントであるものを意識して選ぶのが良いでしょう。商品の中には飲みやすく、果汁などが半分ほどあるものなどもありますが、大きな効果を期待したい場合は野菜汁の多いものを選択すると良いということです。

 

ただ、やはり野菜汁の多いものは野菜の味がダイレクトにするので野菜が苦手な人には難しいかもしれません。ですので効果を期待する場合は野菜汁100パーセントのものを、単純に野菜嫌いで少しでも摂取したいという場合は果汁比率の高いものを選ぶのが良いかと思います。

 

今回は、野菜ジュースについて考察しましたがいかがでしたでしょうか?野菜ジュースはメーカーごとに様々な工夫がなされていて、飲みやすい商品もたくさんあります。何もない普通のジュースを飲むよりは多少なりとも健康的なので野菜が不足していると考えている方は飲んでみてはいかがでしょうか?

 

また、飲食店などを経営なさっている方も、意識してこうしたジュースをお客さんに出すことによって健康を意識していることは伝わるかと思いますので、是非とも取り入れてみてはいかがでしょうか。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

0 コメント

世界中で行われている3つの野菜栽培方法

皆さんは世界中で行われている3つの栽培方法についてご存知でしょうか?実は普段私たちが口にしている貴重な食材である野菜には主に3つの栽培方法が存在します。今回はその栽培方法について皆さんにわかりやすく解説して行こうと思います。最後まで読むとためになるので是非とも読んでいただけたらと思います。

 

先ず、最もポピュラーな方法としてあげられるのは化学肥料や農薬、除草剤などを使った一般栽培です。安定的に多くの野菜を供給するためにはこうした薬品などを使う必要があります。その理由は言わずもがな野菜を虫などに食い荒らされてしまうからです。

 

大きな農業の経験は無くても庭などで家庭菜園などをしたことがある方ならばわかると思いますが、野菜を食べられるように育てるまでには自然界にこうした野菜を狙う多くの生き物の存在があるために放っておくと食べられてしまいます。

 

はっきりいってこうした農薬などは人体にも少なからず悪影響はあり、食べることはおすすめできないということはいえます。ただ、スーパーなどの小売店などで販売されている野菜の大半は無農薬ではありません。この辺にシビアになる方もいますが、口にして安全な水準だからこそ売られているのでその辺りは安心して良いでしょう。

 

2つ目は牛や豚や鶏などの家畜を主に使う動物性有機肥料やナタネの油かすなどの植物を主につかった植物性の有機肥料などをを使った栽培方法があります。これは恐らく多くの方も耳にした事はあるかとは思いますが、有機JJAS栽培やオーガニックなどと日本では呼ばれており、国が認可した農薬のみを使用して栽培去れているのでより安全な野菜だといえるのです。

 

そして3つ目は一般栽培や有機栽培とは異なる自然栽培です。この自然栽培では一切の農薬を使いません。こうした栽培には安定供給できないなどのリスクもあり、必然的に収穫量も多くない為に売るともなるとかなり高額になってしまいます。

 

どの栽培方法が良いというのは一概にはいえませんが、多くの人に届けるためには一般栽培が平均であり、農薬などを使ってしまう流れは自然の流れなのではないかと思われます。ただ、口にする身とすればより安心な野菜を食べたいですよね。

 

有機栽培や自然栽培は健康志向などの影響を受けてポピュラーになりつつあり、飲食店でも取り入れる店も増えているので、こうした野菜も積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

業務用野菜とスーパーの野菜との違いとは

皆さんは野菜を普段口にしていると思いますが、多くの方が口にしているのはスーパーなどの小売店で購入した野菜ではないでしょうか?飲食店などでも業務用野菜を購入するお店もあればスーパーで調達する場合もあります。

 

しかし、ふと疑問に思うことがあるのは、スーパーなどの小売店で販売されている野菜と業務用の野菜ではどのような違いがあるのかという点です。見た目などからすれば大きな違いはないのですが、どのように違うのか気になるという方もいると思いますので今回はその違いについて考察していきます。

 

調べてみたところ、スーパーの野菜に関しては産地などが店頭で大きく表示されている事もあり、その仕入れ先の大半は国内となっています。一方、業務用野菜の大半は大量に安くということを前提としているために産地が中国などであるというケースが多いようです。

 

また、業務用野菜は定量が安定的に供給されるのに対してスーパーの野菜は安定した供給はのぞめません。価格変動に関しても業務用野菜は安定した価格ですが、スーパーの野菜は時には価格の変動が頻繁に起こることもあります。

 

それから業務用の野菜は加工された上で販売されることが多いのですが、スーパーの野菜は原型を保ったまま販売されることのほうが圧倒的に多いといえます。しかし、多くの客の需要は国産野菜というところに向かっています。

 

ただ、国産は値段が海外のものに比べて高く、安さや重量を重視する業務用には使うことができないのでこのあたりは仕方のないことなのかもしれませんね。

 

ちなみに業務用スーパーなどで売られている野菜などのほとんどはカット野菜や冷凍にされているということが多く、産地はほとんど中国だそうです。中国と聞くと悪い印象を持つという方もいるようですが、安全性は保証されていますので、是非お買い求めください。

 

 

 

今回は、スーパーの野菜と業務用野菜の違いについて考察しましたがいかがでしたでしょうか?

 

今回の記事を参考にしていただき、今後の自分の野菜に関わることについて考えていただければ幸いです。最後まで読んでくださってありがとうございました。

0 コメント

野菜卸とは?卸売市場の役割のまとめ

GWも明けましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?10連休という長いお休みをエンジョイできたという方もいるでしょうし、休みが長すぎてかえって迷惑だったという人もいるでしょう。

 

さて、皆さんは「青果」という言葉を聞いたことがありますか?青果は野菜と果物を一括りにして呼ぶ際に扱われる名称で青果の卸売りを行う市場のことを青果市場といいます。同じ語音として生花市場というのもありますが、こちらは花を扱ってますね。

 

この青果市場にも3つの形態があり、中央卸売市場、地方卸売市場、そしてその他の卸売市場が存在し、形態は違えどそれぞれ似たような役目を持っています。しかしこの役目という部分に関しては知らないという方も結構いらっしゃいますので簡単に解説していきます。

 

先ず、市場というものは主に集荷と分荷をおこなうのですが、集荷は全国から青果を一か所に集めることを指すのに対して分荷はそれぞれのお店に分けるということを指します。こうすることによって小売店や飲食店などに届けられます。

 

また、青果の値段を決めたり、品質を維持するというのも青果市場の役割だったりもします。こうした経緯の中でせりというものが行われ、値段がつけられているのですが、均衡を保つために大きな値段の変動というものはないような仕組みになっています。

 

品質維持は安全確保のためには必要なことで市場内でも青果を傷めることがないように適切な温度に保ったり、扱う際にも乱暴な扱いをしないように丁寧に扱われています。こうした些細な取り組みが卸売市場が存在する意義となっていることは間違いありませんね。

 

今回は野菜卸、それから卸売市場の役割に関してご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?野菜や果物は生き物ですのでお客様のお口に届くまでには丁重な扱いを心がけなければなりません。こうした卸売市場の方々の働きがあって保たれていることを心にとどめておきましょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

0 コメント