Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




しょうがの8割は中国から輸入している

タイトルを見て皆さんはどう感じただろうか?日本におけるしょうがは4割が国産品であり、残りの6割を輸入に頼っている。それでは8割ではないではないか、話が違うではないかと思った方もいるでしょう。

 

この8割という数字は輸入における8割という意味なのである。それでも6割近くを輸入に頼っており、そのうちの8割が中国からということは日本で利用されるしょうがの半数近くは中国産であることはいうまでもない。

 

主にしょうがというとチューブ状で利用されたり、寿司屋などでガリとして出されることも多い。和食を扱う飲食店にとってはしょうがは必要なものである。

 

そのしょうがは中国では山東、河北、河南、遼寧など4つの省が主な産地といる。また、しょうがは貯蔵できるために相場においた出荷ができるので農家の生産意欲も高く、安定して供給されている。

 

しかし、中国におけるしょうが栽培にも問題点がある、災害などによる影響ももちろんのことだが、近年、地代があがっており農家の経営を圧迫している。さらに最低賃金があがっているために人件費も経営を圧迫することになっているのだ。

 

こうした中国で作られたしょうがの9割は中国国内向けに生産され、残りが輸出となる。日本には安定して輸出されているが、近年、欧米や中東、東南アジア諸国への輸出も少しずつ増えているためにどうなるかはわからない。

 

今すぐにというわけではないが、近い将来、輸入しょうがの価格は上がってしまう可能性もあるので日本にとっても無視できることではないのだ。

 

特に和食を扱う店、もっというなれば海鮮や寿司などを扱う店にとっては心配されることであることは間違いない。現時点でそのようなニュースなどが出ているわけではないので、心配する必要はないという人もいるだろうが、用心するにはこしたことはない。

 

世界での日本食ブームは更に広まりつつある。こうした日本食ブームも他国への輸出が増えていくことに関係しているのではないだろうか。日本の農家には更なる農作物の供給を期待し、輸入に頼らずということを期待したい。

 

外食産業はこうした輸入に頼りつつ、国内の農家が少しでも農作物を作る意欲をあげていくために何かできることがあれば積極的にしていくべきなのではないだろうか。

 

 

続きを読む 0 コメント

飲食店の経営とサブスクリプション化のススメ

前回の記事では居酒屋が飲み放題にしたら儲かった事例をあげましたが、飲食店の未来をうらなうのにサブスクリプション化は重要なファクターとなります。サブスクリプションというと聞きなれないという方もいらっしゃるかと思います。

 

サブスクリプションとは消費者が一時的に購入するためにお金を支払う事ではなく、一定期間購入し続けるというスタイルになります。近年では各業界でこうしたサブスクリプション化がすすめられています。

 

わかりやすいところでいえばゲーム業界などはゲーム機を購入し、定期的に発売されるソフトをユーザが楽しむというのが主流でしたが、近年は月額制や課金制が流行っており、もはや購入という概念が徐々になくなりつつあります。

 

ゲームに例えるのはおかしいかもしれませんが、飲食でも同じようにサブスクリプション化の動きがあります。それが前回お伝えした居酒屋の飲み放題です。それ以前にから揚げの食べ放題なども流行っていましたね。

 

他にも自由が丘のコーヒーショップでは月額7500円で飲み放題をしたり、野郎ラーメンというラーメン屋がスマホアプリを通して月額8600円払うとラーメンが1か月間1杯無料などを実施しています。

 

サブスクリプション化が流行る背景としてはキャッシュレス化やスマホの普及が大きな原因になっているかと思われます。クレジットカードやpaypayなどの決済が増えたために実をいうと現金を持ち歩く人の数が少なくなりました。現金主義の日本人というのは時代の変化と共に徐々になくなりつつあるのです。

 

飲食店オーナーの皆さんもこうしたサブスクリプション化を実施することで時代の変化に適応した経営をすると良いかと思います。最期まで読んでくださってありがとうございました。

0 コメント

【驚愕】月額3000円の飲み放題居酒屋が登場し売上が上がるワケ

昨年の2月頃からアンドモア居酒屋の30店舗で “ONE MONTH MOWA PACK (ワンマンス モワ パック)”の販売がスタートしました。

 

これはなんと、アルコール類などを月額制の飲み放題とするプランです。ドリンクの種類は250種類を超えて金額も1か月~6か月と契約月数を多くすればするほどお得になるというものでした。

 

さすがに時間無制限ということでは、採算は取れないので120分という限定付きプランではあるものの毎日通えば通うほどお得になるということで客足も自然に運ばれたとのことです。120分プランの延長は30分あたり500円とかなり安く客側からしても通いやすいプランでした。

 

しかし、月額制飲み放題にしたところで店側の売上にどのような影響が出るのかと想像すると私たちの感覚では店の赤字なのではないかと想像できます。実は客一人あたりにかかる赤字額は60円ほどしか変わらないというから驚きです。

 

それでも60円とはいえ、来店客の人数と60円をかけていけばそれなりの額になるじゃないかと考える方もいるかとは思いますが、このキャンペーンをすることによって実は売り上げがあがったというのが真実のようです。

 

その理由はというと、友人紹介制などを設けることで新規の顧客を獲得しやすくなったということです。友人紹介制は誘う側からしても誘われる側からしてもメリットはありますが、一番の恩恵を受けるのは新規顧客を獲得したい店側にあります。

 

また、ドリンクを飲み放題にしたからといって全ての顧客がドリンクだけを飲みにくるわけではありません。居酒屋なわけですから、お酒とあわせて料理やつまみなども注文するという人が大半なわけです。

 

ドリンクを定額制にすることで、月額は支払っているもののその都度顧客の財布からは料理代しか出ないために顧客はドリンクが無料になったと錯覚する人も多く、その分が自然と料理の代金へとシフトしていくというわけです。

 

飲み放題月額制というプランは実に大胆ですが、こうした店側としてのメリットも含めれば運営しているオーナー様からしても興味や関心を惹かれるものなのではないかと思います。飲食店オーナー様はこうしたプランを考えてみるのも売上に繋がるのではないでしょうか?最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 



0 コメント

「日本野菜協会」発足 加工需要への対応強化へ

野菜加工業者および関係業者の団体である野菜流通加工協議会は、今年から「一般社団法人日本野菜協会」(中野亘会長、東京都中央区)に改組・改称し、第1回総会を開催した。今年から40社の新規会員が参加し、正会員144社・準会員5社となった。ますます需要が増加する野菜加工に対応していく。

【情報は農経新聞】

 

上記は昨日、農経新聞にて掲載されたものになります。こうした団体が発足する背景には一般の飲食店や一般家庭において加工野菜への需要が高まっている事にあります。

 

加工野菜とはいってもすぐに適切な想像ができるというのはそうではないでしょう。野菜などの栄養をあますことなく残した上で、下処理などを済ませ販売ルートに乗せたものであるということは誰にでもわかります。

 

下処理を済ませてあるので、野菜などの下ごしらえに人件費を割くこともなく、適切な量を供給できるのでチェーン店などではかなり重宝しているというのが現状です。

 

もちろん、適切な量をということであれば、野菜に関わる残飯を出しづらいという点もあるので、食材を無駄にしないという点からしても2019年現在の市場の状況には適したものであるのはいうまでもありません。

 

こうした適量にできることでお客様とのトラブルというのも軽減できます。例えば、お客様の中には料理の量が均一ではないことに注文を付けてくる方はいるでしょう。人間がやることであれば本当に適切な量というのは調理時間の関係からしても難しいと言わざるを得ません。

 

だからといって、店側の都合などおかまいなしにクレームをつけてくるお客様というのは少なからずいるでしょう。加工野菜ならそうしたお客様に指摘される事もなく全てのお客様に均一に提供できるということです。

 

また、人件費を割くという側面から流行した飲食形態として食べ放題やバイキングなどというものが存在します。こうしたものであれば残飯がでることを前提として人件費を割いているので問題ありません。

 

一見、食べ放題というとお客様に支払っていただいた金額よりも食べられてしまい利益率が下がってしまう事を危惧される方もいますが、人件費が割ける分店側からしてもメリットがあるので何の問題も無いのです。

 

こうした食べ放題は飲食店のサラダバーというところにも繋がっており、大手で言えばステーキガストでは野菜を含む食べ放題が備え付けされています。今後、オーナー様方がどのような経営をなさっていくか、どのようなお店をつくっていくかによっても変わってくることですが、一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

0 コメント

デザートに最適!日本一のみかんとは

和食中心の飲食店を経営している経営者にとって「みかん」は欠かせないフルーツです。というのも、ランチタイムや〇〇御前などといったセットメニューには備え付けメニューとしてみかんやメロンといったフルーツが口直しとして提供されることが多いからです。

 

勿論、高級感のある料理ではメロンを使うという店も少なくはありませんが、みかんがもっともコストパフォーマンスが良く、客側からみても好き嫌いの少ない果物であることからデザートとして採用されることが多いのです。

 

しかし、一概にみかんといっても色々あり、どれを選んだら良いかということが良くわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

基本的に市場に出回っているみかんのほとんどは温州みかんといって鹿児島産です。他にも愛媛ミカンや有田ミカン、青島ミカン、三ケ日ミカンなど沢山の種類がありますが、これは全て温州ミカンなのです。

 

秋に出荷されるものは酸味が強く、冬に出荷されるものは酸味が少ないのが特徴的です。中でも12月から3月にかけて出荷されるものは甘みが強い事が多く、みかんはこの時期に備え付けデザートとするとお客様に大変喜んでいただけます。

 

みかんは風邪予防などにも抜群なのでインフルエンザになりにくい体を作るのにもってこいといわれています。それはみかんが多くのビタミンCを含んでいるからにほかなりません。しかも最近では発がんリスクを低くするや血管を丈夫にするなどいわれており、人気はより一層あがっています。

 

みかんは直接農家から仕入れるか、野菜卸などの業者を通してまとまった量を仕入れる方がスーパーなどで買うよりもお得なのでお店を経営されている方は是非とも参考にしてみはいかがでしょうか?

 

ちなみに日本一のみかんというとマツコの知らない世界で以前紹介されていた和歌山県の越冬紅というみかんが脳裏に浮かびます。こちらは善兵衛農園というところで作っているそうで本来は酸味が強い秋のみかんを一月まで寝かせる事で甘みの強いみかんを作り出しているようです。

 

糖度はなんと驚異の17.3度だそうで番組内ではマツコさんも甘いと絶賛していました。こちらは残念ながら人気があるので確保は難しいですが、今回の記事を参考にしていただいてより状態の良いみかんを仕入れる手助けになればと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

0 コメント