Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




冬から春にかけて供給される野菜は?

業務用野菜卸を利用して野菜を仕入れる飲食店では、季節に合わせてメニューに使う野菜の種類を変えていることが一般的です。

 

その中でも季節の野菜は栄養価が高く、生産量も多く、価格が下がりやすいので、仕入れやすい点も魅力です。

 

そこで今回の記事では、冬から春にかけて供給される季節の野菜を紹介していきます。

業務用野菜卸からどんな種類の季節の野菜を仕入れるか迷ったら、この記事を参考にしてみてください。



甘みが魅力の「春キャベツ」

春キャベツは、葉がみずみずしく、食感が柔らかいのが特徴で、千葉県や神奈川県などでよく収穫されます。

 

春キャベツは、葉が柔らかいので巻きやすい特徴があり、ロールキャベツのように葉を活かした料理がおすすめです。

 

春キャベツにはビタミンCが多く含まれており、栄養価としては食物繊維が豊富なので、女性向けのメニューに取り入れる飲食店も多いです。春キャベツは冬でも暖かい地域で栽培されるのが特徴です。

 

冬キャベツは、その逆に葉が固いのが特徴なので、葉の硬さに着目したメニューがおすすめです。冬から春のメニューに変える際は、葉の柔らかさに着目したメニューを検討してはいかがでしょうか。



煮込み料理やスープに人気「セロリ」

江戸時代から広く愛されているセロリは、クセがなくマイルドな食感で、お肉の臭みを消せる効果が期待できるため、煮込み料理やスープに幅広く使える野菜です。セロリは長野県や静岡県で多く収穫されています。

 

セロリの旬は1月から5月であり、冷涼な気候を好むので、冬から春にかけて栄養価が高く、生産量も増えるので価格が安くなります。

 

セロリの一般的な旬は春ですが、ミニセロリやホワイトセロリであれば1年中収穫することが可能です。

 

食感が楽しい「タケノコ」

噛んだ時の食感が楽しめるタケノコの孟宗竹(もうそうちく)は、3月から5月にかけて収穫できる野菜です。

 

タケノコの種類によって収穫時期は変わりますが、1年中仕入れられます。

 

タケノコは、福岡や鹿児島、熊本など暖かい地域で多く収穫されます。

 

タケノコは煮物や炒め物など、和食や洋食、中華などさまざまな料理に対応できるので、業務用野菜卸でも人気の野菜です。

 

一般的なタケノコの孟宗竹(もうそうちく)だけでなく、身が細い真竹(まだけ)や淡竹(はちく)など、業務用野菜で扱われるタケノコにもいくつかの種類があります。



煮物にも便利「スナップエンドウ」

煮物やおやつにも便利なスナップエンドウは、春に旬を迎える野菜です。

 

スナップエンドウは、茹でるだけでも食べられるので、ちょっとした料理にすぐ使えるので飲食店でも業務用野菜として人気があります。例えば、茹でた後でマヨネーズやオリジナルソースをつけて食べる方が多いです。

 

スナップエンドウは、お酒のおつまみやお通しにも便利で重宝されています。スナップエンドウは、2月から7月にかけてよく収穫される野菜なので、冬から春にかけての野菜を探している方におすすめです。

 

スナップエンドウに似ている品種として、「キヌサヤエンドウ」「オランダエンドウ」などがあります。

 

スナップエンドウはアメリカ生まれの野菜ですが、手軽に使えるため日本でも親しみのある野菜として業務用野菜卸でも人気が高いです。

 

同じく、サヤエンドウも春が旬の野菜なので、合わせて野菜卸から仕入れて料理に使用する方も多くいます。



栄養価が高い「ふき」

ふきは、食物繊維やカリウム、マグネシウムが豊富なので、煮物やおひたしなど、和食料理に多く使用される野菜であり、業務用野菜卸でも人気があります。

 

ふきは混ぜご飯や油揚げなど、ほかの食料とも合わせやすいです。

 

3月から初夏にかけて幅広いエリアで収穫できる野菜で、愛知や群馬、大阪で多く収穫されています。ビニールハウスでも栽培されているふきは、夏以外の季節で収穫が可能なので、年中を通じて業務用野菜卸で取扱いがあります。

 

ふきはアクが出やすいので、下処理をしっかりする必要があります。業務用野菜卸から仕入れるときは、みずみずしい見た目のものを選ぶのがおすすめです。



ポテトや煮物にもおすすめ「新じゃがいも」

ポテトをはじめ、ホクホクとした食感が美味しいのが新じゃがいもの特徴です。メークインや男爵など、有名なじゃがいもの品種も多く、業務用野菜卸でも人気がある野菜です。

 

新じゃがいもの産地や収穫量は、北海道が1番です。

 

じゃがいもは年中収穫できる野菜ですが、新じゃがいもは3月から6月と冬の終わりから初夏にかけて収穫される野菜です。

 

新じゃがは種類が17種類と野菜の中でも突出して多く、じゃがいもによって甘さや食感が変わります。そのため、ポトフや煮物、ポテトサラダなど、飲食店に多いメニューが作りやすいのが新じゃがの魅力です。



品種が多く栄養価も高い「トマト」

品種が多く栄養価が高いトマトは、基本的に1年を通じて日本中で収穫される野菜で、赤色のトマトだけでなく、黄色いトマトや緑のトマトなど、色あいが豊富なのも特徴です。

 

トマトの種類としては、糖度が高く2月から4月までが旬と言われている「塩トマト」、3月から4月までが旬の「緑健・永田農法トマト」などがあります。

 

トマトの大きさとしては大玉、中玉トマトや、ミニトマトがあり、一年を通じて収穫されており、業務用野菜卸でも季節を問わず仕入れが可能です。

 

トマトは、熊本県や愛知県を中心に収穫されています。飲食店でもミネストローネやポトフなどのスープ料理、サラダに使うトマト、ミートソースなどトマトをベースにした料理は人気が高く、女性を中心に幅広く人気があります。



山菜として人気の高い「ゼンマイ」

ゼンマイは、ワラビと同じように、3月の終わりから5月に向けて沢が流れる山地や渓流の近くで収穫され、山菜の中でも特に人気の高い野菜です。

 

ゼンマイにはアクがあるので重曹や木炭を使った下処理が必要ですが、和食を中心に人気を集めている野菜です。煮物やおばんさいにも使用されていますし、地域のお土産品の食材としてもよく使われます。

 

不溶性食物繊維が多く含まれているため、整腸作用が期待できる点も魅力です。ビタミンKやビタミンB群の葉酸、βカロテン、カリウムなども多く含んでおり、栄養価が高い野菜として知られています。

 

サラダでも茹でても美味しい「アスパラガス」

アスパラガスは、春から初夏にかけてが旬の野菜です。種類としてはグリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスがあり、グリーンの方は少し青臭い代わりにカロテンなどの栄養価が高く、ホワイトの方は食感が柔らかく甘味があり青臭くありませんが、栄養価の点ではグリーンに劣ります。

 

生産地としては北海道が一番で、長野県がそれに続きます。ビニールハウスでも栽培できるので年中通して収穫できますが、春から冬にかけて最も味がよくなります。

 

サラダの材料としても人気ですが、ベーコンなど肉と合わせた炒め物としても人気で、業務用野菜卸でも取扱いが多い野菜です。



まとめ

 

今回の記事では、春キャベツや山菜など、冬から春にかけて供給される季節の野菜を紹介しました。

 

栄養価が豊富で新鮮な野菜を安い価格で入手し、リーズナブルな値段で飲食店のメニューに取り入れるのなら、業務用野菜卸で旬の品種を探すのがおすすめです。

 

今回の記事では、冬の終わりから春に向かって収穫できる、おすすめの野菜を紹介しておりますので、業務用野菜卸から仕入れる際の参考にしてください。

0 コメント

カット野菜!業務用野菜でおなじみ!キャベツの種類と特徴は?

業務用野菜卸でたくさん取り扱われていて、飲食店からも使い勝手のよい食材として人気の高い野菜の代表格は、キャベツです。

 

キャベツは種類も豊富であり、季節や旬に応じてキャベツの種類を使い分けて業務用野菜卸から仕入れると、コストをうまく抑えることも可能です。

 

今回は、キャベツの種類と特徴を紹介しますので、業務用野菜卸を利用する際に参考にしてください。



生でも食べやすい「寒玉キャベツ」

冬に収穫できて、野菜の甘さで人気が高いのが寒玉キャベツです。

 

寒玉キャベツは焼いても茹でても形が荷崩れにしくいので、野菜スープやシャキシャキした食感を楽しみたい料理にもおすすめです。例えばギョーザやお好み焼き、ロールキャベツや炒めもの、漬物、クリームシチューなどに向いています。

 

色が薄めなのも寒玉キャベツの特徴です。

 

シャキシャキした食感だけでなく、寒さから細胞を守るために甘味が強くなっているので、他の野菜と組み合わせた料理にも向いています。

 

寒玉キャベツは甘味が強いので、生で食べるのもおすすめです。

 

業務用野菜卸で人気の品種としては、「夢舞妓」「初秋キャベツ」「夢ごろもキャベツ」「彩音」などが有名です。



暖かい季節に収穫できる「春キャベツ」

寒玉キャベツとは違い、春に収穫をする新キャベツを「春キャベツ」と呼びます。

 

葉が柔らかいので優しい食感が好きな方におすすめです。

 

キャベツの巻きがやわらかく、葉がみずみずしいのが特徴です。

 

鮮やかな緑意を活かして生で食べたり、炒めても甘味が増す野菜です。

 

ロールキャベツや、ミネストローネ、ホイコーローなどの炒め物や浅漬けなどにもおすすめの品種です。

 

中でも、業務用野菜卸でも「春波キャベツ」「北ひかりキャベツ」「湖水キャベツ」「味春」などの人気が高いです。



夏野菜として扱われる「夏キャベツ」

夏キャベツは、寒玉キャベツや春キャベツと比べて突き抜けた特徴はありませんが、平均的な甘さと食感が楽しめます。

 

夏に価格が下がるので、業務用野菜卸から夏場に安いキャベツを仕入れたいというときにおすすめです。

 

夏場に作るサラダや、漬物などにも使うのがおすすめです。

 

夏場は他の野菜も価格が下がりやすいので、夏キャベツと合わせて調理ができます。



栄養価が高い「グリーンボール」

グリーンボールは、その名前の通り球体のような丸さが特徴です。

 

春キャベツのように葉が柔らかく甘みがあるので、生で食べるサラダや蒸し野菜など甘さを求める料理にもおすすめです。

 

グリーンボールは葉が厚めなので、キャベツがメインの料理に使いやすいのも特徴です。

 

栄養価としても他のキャベツと比較しても高いので、業務用野菜卸でも飲食店からの人気が高いです。

 

人気の品種としては、「たけのこキャベツ」「とんがりぼうし」「アーリーボール」「みさきキャベツ」などです。



小ささが魅力「芽キャベツ」

芽キャベツは、1個当たり20g前後の小さなキャベツです。

 

秋から冬にかけてのみ収穫されている野菜なので、美味しい芽キャベツが食べられるのは晩秋から春先までの寒い季節に限られています。

 

さらに今は産地としては静岡県が9割で、後は北海道や長野でしか栽培されていないようです。

 

このため、他の品種に比べて品薄なので、業務用野菜卸からもまとまった量の仕入れは難しいのが特徴です。

 

小さいので切る必要もなく、他の野菜と合わせてもまるごと調理が可能ですが、少しアクがあるので下茹でしてから使うのがおすすめです。

 

ベルギーから伝わったと言われている野菜なので、洋風の料理にも合います。



抗酸化作用が高い「紫キャベツ」

紫キャベツは、他のキャベツと違い葉っぱが紫色なのが特徴で、季節を問わず通年で出回っている野菜です。

 

赤紫色の成分はアントシアニンという天然色素で、抗酸化の作用が高いので、アンチエイジング効果や美肌やシミなどを防ぐ効果なども期待できます。

 

アントシアニンは水に溶けやすく、紫色が出やすいという欠点があります。

 

したがって、スープなどの煮込み料理には向かず、加熱するときは電子レンジを使うといった工夫が必要です。

 

冬と梅雨頃が旬になり、価格が下がります。

 

加熱には向かないことから、どちらかといえばサラダに使用されることが多く、彩りがプラスできるので人気があります。

 

トマトや玉ねぎと組み合わせて食べるのも美味しいのでおすすめです。

 

業務用野菜卸でも人気の品種は、「レッドルーキー」や「パワールビー」「中生ルビーボール」「ネオルビー」などです。



甘さと見た目が人気「紫芽キャベツ」

キャベツよりもかなりサイズが小さく丸ごと調理ができる紫芽キャベツは、通常の芽キャベツよりも小さく甘さが凝縮されており、鮮やかな見た目も人気です。

 

紫キャベツの旬は冬なので、冬に栄養価が上がり、価格が下がります。

 

塩やハーブなどで味をつけて、オーブンで焼いたり、スープに入れたりと万能に使えます。

 

甘みを活かした料理にも向いているので、お肉料理の付け合わせとしても使えます。

 

ビタミンCが豊富なので、栄養価の高い料理にもおすすめです。

 

ただし国内ではあまり生産されておらず、スーパーなどの店頭に並んでいる様子を見かけることはあまりなく、どうしても他のキャベツよりも価格は上がります。



良いキャベツの選び方は?

では良いキャベツを選ぶためには、どうしたらよいでしょうか。

 

まずは旬や価格の下がる時期を覚えたら、良いキャベツの選び方も合わせて知っておくと便利です。

 

まず、キャベツを手で持った時に重さがしっかりあるかを確かめてみましょう。

 

葉っぱばかりのキャベツは、重さも軽く、調理に使える部分が少ないので、飲食店にとってはコスパが悪いので避ける必要があります。

 

重さをチェックしたら、次は葉っぱの色を合わせてみて、できるだけ綺麗に葉っぱの色が出ているものを選びましょう。

 

茶色く変色しているものや、虫に食べられているものは見栄えも悪いので、見た目を大事にする料理に使うのには向いていません。煮込み料理や炒め物に使うのなら、虫食いでも問題ありませんし、安く仕入れることができますので、あえて使うのもいいでしょう。



キャベツの保存方法を知っておく

キャベツは業務用野菜卸でも一年を通じて販売されており、入手が簡単な野菜ですので、特に長期保存をする必要はありません。

 

どうしても長い間保存したい場合は、冷凍保存するのもおすすめです。

 

なお、冷凍保存したキャベツをロールキャベツやスープに使う場合は、下ゆでしてから保存をするのをおすすめします。

 

冷凍保存すると、約1ヶ月ほど保管ができます。

 

通常は冷凍保存は必要ないのですが、価格の高騰に備えて一定量を業務用野菜卸から仕入れておいて下処理して冷凍保存しておけば、価格高騰の影響を受けずに済みます。

 

常温の場合でも3〜4日、冷蔵の場合でも1週間ほど持ちます。

 

保管は千切りやカットなど好きな形に切っておくと、料理にすぐ使えるのでおすすめです。



少量の場合はカットキャベツを使用する

キャベツの価格が高騰している場合で、料理に使う量が少ない場合は、スーパーなどで売っているカットキャベツを使用するのがおすすめです。

 

千切りやみじん切り、ざく切りなどさまざまなカットで売られているので、少量で料理する場合に使いやすいです。



まとめ

 

今回は、キャベツの種類と特徴を紹介しました。

 

飲食店などで作りたいメニューや、季節に合わせて、使うキャベツの種類を変えて、業務用野菜卸から仕入れるのがおすすめです。

 

これから業務用野菜卸を通じてキャベツの仕入れを考えている方にとって、当記事が参考になれば幸いです。



0 コメント

業務用野菜卸で人気!トマトの種類や安い時期は?

業務用野菜卸の中でも人気の高いトマトは、種類が豊富なことで知られています。

 

トマトの種類によって、よく採れる季節や価格、有名な産地が変わってきます。

 

また、カラーも豊富で、赤色だけでなく、緑や黄色など様々な色があり、盛りつけると見た目も楽しめるのがトマトの魅力です。

 

さらに、サイズや甘さによってトマトの呼び名が変わるのも、トマトの特徴のひとつ。

 

そこで今回の記事では、業務用野菜卸で特に人気の高いトマトの種類や、トマトの価格が下がる時期について紹介します。

 

では最初に、大まかなトマトの種類を紹介します。

 

人気の品種も合わせて紹介しているので、業務用野菜卸から野菜を購入する際の参考にしてください。

 

サイズが大きいのが特徴「大玉トマト」

 

サラダやカプレーゼ、スープなどをメニューに取り入れる時には、大玉トマトを使用するのがおすすめです。

 

なぜならトマトの中でも知名度が高く、スーパーの店頭に年中並んでいる定番商品だから。

 

夏野菜として扱われることが多いですが、基本的には季節を問わずに収穫されています。

 

価格の変動はあまりありませんが、夏が一番安くなります。

 

大きさが大きいので、トマトを主役とした料理に大活躍。

 

茹でたり、切ったり、潰したりと万能の種類です。

 

大玉トマトで人気の品種には、「桃太郎トマト」「ファーストトマト」などがあります。

 

味はそれほど濃くはありませんが、安定した味なのでご家庭でも人気があります。



一口で気軽に食べられる「ミニトマト」

 

大玉トマトと同じように、スーパーで季節を問わず出回っているのがミニトマトです。

 

ミニトマトは一口サイズで食べられるので、サラダに添えられることが一般的です。

 

甘味がないと思われがちですが、最近では糖度の高いミニトマトも多く販売されています。

 

大玉トマトの価格が高騰している時も、価格が安くなる場合があります。

 

実が小さいので、スープやスムージーよりは、大皿料理の添え物として、またお惣菜やお弁当の飾りとして使うことが多いです。

 

人気の品種としては、「アイコ」や「マイクロトマト」などがあります。

 

成長が早く、病気にも強いので、家庭菜園での人気が高いのもミニトマトの特徴です。



小さいけれど食べごたえがある「ミディトマト」

 

ミニトマトよりも一回りサイズが大きいのが、ミディトマトです。

 

ミディトマトは色が綺麗に出ているので、サラダや人に見せる料理に使いやすいです。

 

ミニトマトと大玉トマトの良いところを集めたトマトで、元々は大玉とミニトマトをかけ合わせて作られた品種として知られています。

 

1個あたりが50gと小ぶりなので、少量の料理を作る場合にもおすすめです。

 

大玉トマトと同じように、夏に価格が下がりやすいですが、実は春が食べごろです。

 

人気の品種としては、「フルティカ」や「レッドオーレ」があります。



果実のような甘味が特徴「フルーツトマト」

 

他のトマトと比べると、糖度が高く果実のような甘味が楽しめるのがフルーツトマトです。

 

そのままでも美味しく食べられるので、サラダなどそのまま生の状態で料理に使用される場合が多いです。

 

他の種類と比べると価格が少し高いのも特徴ですが、春から夏にかけて価格が下がります。

 

フルーツトマトは、業務用野菜卸では徹底的な品質管理のもとに生産されていることが多いです。

 

生食で味や甘さにこだわるなら、フルーツトマトがおすすめです。

 

人気の品種としては、「アメーラトマト」「フルーツルビーEX」があります。




トマトの価格の狙い目・栄養が豊富な季節は?

 

トマトの価格が値ごろになる狙い目の季節は、春から夏頃になります。

 

春から夏は気温が高く、実が大きくなりやすいのがその理由です。

 

ビニールハウスや野菜工場の中で大量生産システムによって育てられているトマトは、冬になっても価格はそれほど変動しません。

 

ですが、一般的には、春から夏頃に安くなる傾向があります。

 

どうしても価格が高騰している時にトマトを買う場合は、大玉トマトからミディトマトに変えるなどをして仕入れ値を抑える工夫をするとよいでしょう。

 

またフルーツトマトは、価格が他と比べて高い場合が多いので、野菜卸から仕入れる時期をよく考える必要があります。

 

価格を抑えて、栄養価を重視してトマトの種類を選ぶ場合は、春頃にたくさん出回るトマトが一番おすすめです。



トマトは冷凍保存も可能

 

トマトは生食が基本で、トマトの食感を重視したり、鮮度を重視したりする料理に使う場合には向きませんが、実はトマトは冷凍保存も可能です。

 

特に小さくカットする必要がなく、トマト丸ごと冷凍が可能なので、料理に使う分をイメージして最初から小さくカットした状態で冷凍する方も多いです。

 

ただしトマトは凍らせると、どうしても水気が出やすくなってしまうので、スープやスムージーなどに入れる際は分量や味の調整に注意が必要です。

 

冷蔵保存ではトマトを使い切れない場合や、天候不順などで価格の高騰が続くことが見込まれる場合は、安い時に大量に仕入れておいて、使う量やメニューに応じて冷凍トマトを使用するのもおすすめです。

 

トマトを仕入れたあと、すぐに冷凍保存しておくことで、栄養が凝縮されてうまみや甘味が増すので、覚えておくと便利です。



どうしても価格が高騰する場合はトマト缶を使用する

 

カレーやミネストローネなどトマトをすり潰して入れる料理を中心に作っている飲食店の場合は、常に大量のトマトを仕入れておく必要があります。

 

このような飲食店の場合、トマトの価格が高騰するときには、スーパーなどで売られているトマト缶を取り入れましょう。

 

トマト缶は、わざわざ潰す手間が省けるだけでなく、一年を通じて安い価格で仕入れられるので、知っておくと便利です。

 

逆にトマトそのものをサラダの一部として出すような場合は普通のトマトを使い、スープやソースなど見えない部分にトマトを入れたいときはトマト缶と、生のトマトとトマト缶を使い分ける飲食店も多くあります。

 

ソースに加工する場合にも使えるので、安い時期に大量にトマト缶を仕入れておいて、ストックとして持っておくのも便利です。

 

業務用スーパーなどで安い時期にトマトのペーストやピューレを買っておく

 

事業者向けに格安の食材を大量に販売する業務用スーパーなどで、輸入物のトマトのペーストやトマトピューレが販売されています。

 

ビン詰のモノが多いですが、大きめのサイズの缶に入っているものもあります。

 

こうしたものは長期保存がききますので、安い時に大量に仕入れておいて、トマトの価格が高くなった時に、トマトの仕入れ量を減らして保存しておいた瓶詰のトマトピューレなどを使うと価格高騰の影響を軽減できるのでおすすめです。

 

トマトのうまみが凝縮されているので、料理に加えると味に深みが出ます。

 

まとめ

 

今回の記事では、業務用野菜卸でも人気のあるトマトの種類や、安く仕入れられる時期などについて紹介しました。

 

トマトを取り入れた料理を多く使っている飲食店は、予算や料理の味に合わせてトマトの種類を使い分けることで価格の変動や食品ロスを防ぐことが可能です。

 

栄養価や食味にこだわる方は有機栽培された業務用野菜や、お目当てのトマトがよく収穫される時期に合わせて仕入れるのがおすすめです。

 

トマトを業務用野菜卸から仕入れているが、価格が高くなった時にどうしたらよいか不安があると思っている飲食店の方は、当記事をぜひ参考にしてください。



0 コメント

小ロットで業務用野菜を仕入れる際の注意点は?良いサービスは?

業務用野菜は、野菜卸業者から一度に仕入れる量が多いほど、1個あたりの単価が安くなるイメージがあり、小ロットでの仕入れだと高くなるイメージがあります。

 

規模の小さな飲食店や、お店で出すメニューに少量だけ業務用野菜を使いたい場合だと、お店としても大量に注文ができません。

 

そこで今回は、小ロットに業務用野菜を仕入れる際の注意点や、飲食店などにとって頼りになるサービスを紹介します。

 

小ロットだけ業務用野菜を仕入れたいけれど、コストを抑える方法がないか悩んでいる方の参考になるよう以下の順にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

  • 小ロットに対応している業者を選ぶ

  • 旬の業務用野菜なら業務スーパーを利用するのもおすすめ

  • 市場で仕入れる飲食店も多い

  • 小ロットでも定期的に使う場合は業者が便利

  • 配達地域の確認を事前に行う

  • 食品加工されたものを小ロットで仕入れる場合

  • 品質にこだわるなら「産地直送」や「オーガニック」

 

小ロットに対応している業者を選ぶ

 

まず業務用野菜卸の業者を選ぶときは、小ロットの注文でも対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

小ロットの注文だと基本的に1個当たりの単価が上がりますが、小ロットでの販売をアピールしている業務用野菜卸業者は、それ以外の野菜卸と比べると価格が安いです。

 

また、個人間ではなく、野菜卸業者側でまとめて仕入れることによって、小ロットでも1個あたりの価格を下げている業者も多くいます。

 

最近では、大口取引よりも、小ロットを中心に取り扱っている業者も多いので、最初にさまざまな業者を見てチェックしてみるとよいでしょう。



旬の業務用野菜なら業務スーパーを利用するのもおすすめ

 

一般的に流通している業務用野菜の中で、旬の業務用野菜であれば、市場や業務スーパーで気軽に購入ができます。

 

キャベツやじゃがいも、にんじんなどは、業務スーパーでも安く買えるので、小ロットなら近くの業務スーパーを利用するのもよい方法です。

 

ただし一般流通が少ない業務用野菜の場合は、そもそも手に入りにくく、手に入ったとしても割高になるので、業務用野菜卸の業者を選ぶのがおすすめです。

 

中には、急に少量の業務用野菜が必要になった場合のみ、業務スーパーやコンビニで買い足しをする方もいますが、必要な量が少ないならそれでも問題ないでしょう。



市場で仕入れる飲食店も多い

 

業者スーパーの他にも、地元の市場に行って直接野菜を仕入れている飲食店も多いです。

 

市場に並ぶ業務用野菜は日によって種類が違うので、毎日決まった数を仕入れたい場合にはあまり向きませんが、その日に仕入れた食材で、その日のうちに料理を作るという飲食店の場合であれば、逆におすすめの方法になります。



小ロットでも定期的に使う場合は業者が便利

 

仕入れる業務用野菜が毎回小ロットだとしても、定期的に同じ量を仕入れる場合は、業者の業務用野菜卸サービスを利用しましょう。

 

小ロットであっても、決まった数を毎週仕入れるなら、注文をルーティン化をした方が手間がかかりませんし、業者から割引サービスを受けることも期待できます。

 

ルーティン化することで、業務用野菜の数の確認や検品作業などについても毎回同じ数になるので、チェックの手間を省力化できるので、余分な人件費をかけなくてよくなります。

 

最近流行っているインターネットで仕入れられる業者では、専用のアプリ上で検品作業や野菜の仕入れが可能なので、お店の営業が終わってからでも時間のある時にスマホ上で確認できる点も、小さな飲食店にとって強い味方です。

 

飲食店側の都合に応じて好きな時間に検品や発注ができるので、飲食店の負担がかかりにくい点も魅力です。



配達地域の確認を事前に行う

 

一般論として、野菜の大口取引の場合は、配達料が割引になったり、遠方でもまとめて送ってくれたりなどのサービスが期待できます。

 

ですが、小ロット注文の場合は、コストが割高になりがちなので、野菜卸側でも配達できる地域を一部に限定していたり、地域によっては配達料が割高になったりすることもあります。

 

配達料や手数料を含めて計算したときに、地元で業務用野菜を買う方がお得なのであれば、インターーネット注文による配達をメインにした業務用野菜卸との取引はおすすめしません。

 

例えば、一都三県など関東エリアの場合であれば、小ロットでも送料を抑えて配達してもらえる地域が多くあるので、卸業者のサイトをこまめにチェックしてみてください。

 

思わぬコスト増につながらないようにするためには、業務用野菜卸の契約をする前に、配達地域の確認や配達の条件、送料などを確認するのが大切です。



食品加工されたものを小ロットで仕入れる場合

 

通常の業務用野菜と比べて、あらかじめボイルされた業務用野菜や、用途に応じてカットされた業務用野菜など、新鮮な野菜に比べて鮮度が落ちやすい野菜については、廃棄コストを減らすため小ロットで仕入れる飲食店が一般的です。

 

冷凍業務用野菜の場合は、飲食店が保有する冷凍庫の収容量に応じて、価格が安い時にまとめて仕入れることが可能です。

 

しかし鮮度が落ちやすい業務用野菜は、必要な時に必要な分を仕入れる必要があるので、どうしても市場価格の変動に影響を受けやすいという課題があります。

 

少しでも安く仕入れるためには、業務用野菜の食品加工に特化している野菜卸業者を中心に選ぶのがコツです。

 

業務用野菜の食品加工に特化している業者は、あらかじめ契約した量に合わせて1度に多くの加工を行っているので、廃棄が出にくく価格も抑えられています。

 

場合によっては、通常の業務用野菜卸と価格が変わらないこともあるので、手間や人件費を考えるなら食品加工がされたものを仕入れるのもおすすめです。



品質にこだわるなら「産地直送」や「オーガニック」

 

小ロットで仕入れるため、こだわりの業務用野菜を、価格を気にせずに仕入れたいという飲食店は、品質重視で業者を選びましょう。

 

最近ではオーガニックで作られている業務用野菜だけでなく、有名な産地から直送されている業務用野菜についても、栄養価の高さや健康志向の高まりもあり、人気が高いです。

 

産地直送野菜の場合は、他の業務用野菜と比べて旬の時期には価格がぐんと下がるので、近場であれば、そのルートから仕入れるのがおすすめです。

 

オーガニック野菜は、特に意識の高い女性を中心に人気を集めており、ダイエットや健康を気にする方のメニューとして人気です。

 

例えばスムージーやスープなど、野菜の味がしっかり出やすい料理を出すのであれば、徹底的に品質にこだわってみるのもおすすめです。その場合は、安くするのではなく、仕入れコストに見合った価格設定をするようにしてみましょう。

 

産地直送やオーガニックであっても、小ロットで仕入れられる業者も最近では増えてきていますので、様々な業者のサイトを比較してみてください。



まとめ

 

今回の記事では、小規模な飲食店が、小ロットで業務用野菜を仕入れる際の注意点や、飲食店にとって味方になるサービスの事例について紹介しました。

 

確かに一般的には、大量に仕入れることがコスト削減の定石です。

 

ですが、最近は、一度に大量に仕入れなくても、他の業者と合同で仕入れてくれるサービスや、小ロットを中心に扱っている業務用野菜卸の業者などを選ぶなど、飲食店側にとってコストを抑えるために行える対策の選択肢がいろいろと存在します。

 

小ロットで仕入れることが多く、業務用野菜の単価が高いと感じている飲食店の方にとって、この記事が参考になれば幸いです。

 

0 コメント