Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




野菜卸に関わっている業者とは?流通を詳しく解説!

飲食店の方や一般の消費者など、野菜卸業者を利用する方はさまざまで、多くの業者や企業が関わっているので少し複雑になっています。

 

今回の記事では、野菜卸に関わっている人たちと、野菜の流通についてポイントを絞って解説していきます。

 

季節によって価格が変動しやすい野菜ですが、必要な時期にできるだけ安く買うためにも、さまざまな流通経路を知っておくと便利です。

 

概要がつかめるようコンパクトにまとめましたので、ぜひ最後までお読みください。

 

野菜を生産する「生産者」

野菜の流通で一番欠かせないのは、野菜を育てて販売する生産者つまり農家です。ほとんどの農家は個人事業主であり、自分たちで育てた野菜を出荷することで収入を得ています。

 

農業生産法人など自社で畑やビニールハウスを所有している生産者は、自社の取引先あるいは自社グループ内で使用する目的で直接野菜を出荷します。

 

生産者は、組合に入っていることが多いので「出荷組合」や「専門農協」「総合農協」などに野菜を出荷します。組合に入っていない場合は、産地の仲卸人に依頼して野菜を出荷してもらう場合が多いです。



「総合農協」「専門農協」の違いは?

総合農協は、農薬や生活用品、野菜や米などを取り扱います。

これに対し、専門農協は作物別に分けて取り扱う部門です。生産者によって、育てている種類が異なるので、当てはまる部門に向けて野菜が出荷されます。

 

基本的に、生産者は総合農協を利用します。

 

珍しい野菜を取り扱っていたり、果樹が含まれる場合だったりする場合は、専門農協を利用する方が多いです。

 

どちらのルートであっても、スーパーや卸売市場に出荷されるので、基本的に消費者や飲食店の利用者への関係はありません。



産地仲買人

生産者が組合を利用しない場合は、産地仲買人といった仲介業者が入ります。

 

産地仲買人は集荷業者とも呼ばれており、生産者から直接野菜を買い取り、食品スーパーや、産地集荷市場に出荷する役割を担います。



産地集荷市場

産地の野菜が集合しているので、地元の食材を使うという飲食店の方が多く利用しています。また、スーパーや小売店に下ろして販売することで、消費者のもとに野菜が届きます。

 

産地集荷市場では産地仲買人がつけた価格で野菜が販売されており、季節や仲買人の値段の付け方で価格が変動します。

 

スーパーで買うよりも流通経路が短いので、新鮮で1個あたりの野菜の価格が安いのが特徴です。



卸売市場

卸売市場は、生産組合や農協から直接買い付けを行い、飲食店に卸すという野菜卸の役割をしています。大量に仕入れることで野菜の1個あたりのコストをカットしていたり、規格に沿った野菜以外は弾いていたりすることで、野菜の品質を確保する役割も果たしています。

 

ある程度質が均一にそろっていて、安い価格で野菜を手に入れたい場合は、卸売市場を利用するのがおすすめです。

 

また、産地集荷市場と違い全国から多種多様な野菜が集まってくるので、地元以外の食材を探している時は卸売市場を使うのが便利です。

 

大きな市場だと、仲卸業者のスタッフとして野菜ソムリエが働いていることも珍しくありません。野菜の選別や買い付けに来る方へのアドバイスなどをおこなっており、業者からも好評を博しています。

 

なお、卸売市場は買い付けにくる小売店や飲食店に向けた取引の場であるため、ここから直接消費者に野菜が届くわけではありません。ただし、最近は、市場内でも一般のお客さんが購入できる場所がありますので、早朝など早い時間に市場を訪れれば、思いがけなく安い値段で買うこともできます。



飲食店・小売店

飲食店や小売店は、野菜卸を利用して一般のお客さんに野菜を提供する人たちです。

 

飲食店や小売店は、産地集荷市場や卸売市場から買い付けるのが一般的です。

 

このため、店頭で野菜を購入する消費者よりも、安い価格で買うことができます。

 

消費者はこういった業者が仕入れた値段に流通コストや人件費などの経費が上乗せされた価格で、野菜を購入することになります。

 

なお、飲食店や小売店が商店街や組合に入っている場合は、共同で大量に野菜を買い付けることによって、さらに安く仕入れることができる場合もあります。

 

観光客や地元のお客さんに商店街を訪問してもらうために、アーケード内で定期的に格安の野菜を売ることもよくおこなわれていますが、このような取り組みは、商店街単位などで産地集荷市場や卸売市場からまとめて購入することで成り立っています。

 

消費者

野菜卸の流通経路の最後に関わる人たちです。

 

消費者は、スーパーや小売店から野菜を購入します。

生産者の時点でキャベツ1個の出荷が50円だった場合、いくつかの流通経路を経由するに連れてさまざまな費用がかかり価格が上がるので、消費者に届く頃には200円という形で価格が決まってきます。

 

季節による生産量の変動や、天候不順の影響などによって、店頭価格は頻繁に変わります。

 

このような変動の影響をなるべく回避し、消費者が野菜を安く買うには、大量に野菜を仕入れてコストをカットしているスーパーや業務用食品を専門に扱う小売業者の利用がおすすめです。

 

また、スーパーなどでは、少し痛みはじめた野菜に赤札を付けて格安で処分するので、このような見切り品を上手に使うことで出費を抑えることも可能です。



野菜をなるべく安く買い付けるには「流通」の経路を短くする

野菜卸については、流通の経路を通過するたびに間に業者が入るので、中間マージンが発生します。

 

飲食店や小売店がなるべく安く野菜を買い付けたいのであれば、流通の経路を短くする必要があります。

 

消費者の場合は、一般的にはスーパーから直接買い付ける方法以外ないですが、飲食店の場合は、仲介業者から仕入れをするのがスムーズです。

 

なお、生産者と知り合いの場合は、生産者と直接契約をすることで、より価格を安く野菜が購入できます。

 

ただし、一定量の買い付けを約束する必要があるので、大量の廃棄で在庫を抱えないよう十分な計画をたてておくべきでしょう。



自社農園を持っている野菜卸の業者を利用する

組合などを挟まずに、生産者から直接買い付け野菜の出荷ができる野菜卸の業者を利用すると、より安く野菜を買うことができます。

 

さらに野菜卸が自社農園を持っていると、コストを抑えながら品質の良い野菜が作れるので、入手できる野菜の質も良いです。

 

小さい飲食店や小売店は、多く買うことでコストを抑える方法を使いにくいので、小ロットで販売してくれる業者を探しましょう。

 

最近ではメニューに合った野菜を組み合わせて提供してくれる業者もあるので、このようなサービスを利用するのもよいでしょう。

 

また、自社農園を持っている場合は、有機野菜やオーガニックなど近年高まっている消費者のこだわりに沿った野菜の買い付けも可能です。



まとめ

 

今回の記事では、野菜卸に関わっている業者、企業、流通について詳しく紹介しました。

 

飲食店やスーパーが野菜の購入価格を抑えるには、流通をカットした直通で取引をしたり、産地に直接買い付けにいくなど、さまざまな工夫が必要になります。

 

野菜卸の流通の流れや、各プロセスに関わっている人達を知っておくと、欲しい野菜を探す時も便利です。業者によって、取り扱いや流通経路も変わるので、野菜卸を利用する前に調べておきましょう。

 

なによりも、いつどんな野菜をどのくらいの量必要なのか、しっかりと計画を立てたうえで、野菜卸を上手に利用することが大切です。



続きを読む 0 コメント

野菜の価格が高騰している時の対処法は?

野菜の価格が高騰しているときの対処法は?

 

新型コロナウイルスの影響や、災害が続く地域、異常気象などが起きると野菜の価格が高騰しやすいです。

 

野菜を多く使用する飲食店の場合は、野菜の原価が上がると利益が下がってしまうため大変ですよね。

 

今回は、野菜の価格が高騰しているときの対処方法を以下7点に絞って紹介します。

 

5分で読めるようポイントを整理しましたので、ぜひ参考にしてください。

 

  • 原価の安い野菜に変える

  • 形が不揃いな野菜を使う

  • カット野菜を使用する

  • 安い地域の野菜を仕入れる

  • 野菜卸の業者を見直す

  • 冷凍野菜を使用する

  • メニューや価格の改善をする

 

原価の安い野菜に変える

 

野菜の使用がメインでない場合は、原価の安い野菜にその都度変えることで赤字を抑えられます。

 

季節や年ごとに出荷量がチェックできるので、原価の変動が高い野菜は避けるようにしましょう。

 

野菜の原価変動や出荷量などをチェックするなら、直近の価格を野菜卸会社に直接問い合わせる方法もありますが、過去のトレンドや今後の動きをつかみたいのなら、例えばこのようなサイトが参考になります。

 

参考

最近の野菜の卸売価格動向 :: ベジ探(独立行政法人農畜産業振興機構)

食品価格動向調査(野菜):農林水産省

 

逆に、野菜の出荷量が多く、急に安くなった野菜は積極的に取り入れるのがおすすめです。

 

キャベツが高い場合は、レタスや白菜など同じ系統の野菜に入れ替えると、メニューが変わりすぎないので使いやすいです。

 

形が不揃いな野菜を使う

 

栄養価や鮮度は変わらないのに、形が不揃いなため、安く売られている野菜も狙い目です。

 

業務用の野菜卸の場合は、小ロットよりまとめて買うほど価格が安くなるのでお得です。

 

カットして使う場合、すりおろして使う場合など、加工して野菜を使う場合は、不揃いな安い野菜を買うのもおすすめです。

 

形が不揃いな野菜は、市場に並んでいないことの方が多いので市場や野菜卸の業者にて、価格の相談をしてみてください。

 

定期的に、まとまった量を引き取ることを条件に、かなり安く仕入れることができる場合もあります。

 

カット野菜を使用する

 

野菜の使用する量が少ない場合は、価格が変動しにくいカット野菜を使用するのがおすすめです。

 

カット野菜は、はじめからカットされていることで、調理や下処理の手間が省けるので便利です。

 

大量に野菜を使用する場合は、かえって赤字になってしまうので、量に合わせて調節しましょう。

 

野菜卸の業者によっては、好きな形にカットしてくれたり、カット野菜の方が原価が低かったりするので使いやすいです。

 

また、カット野菜を使えばは人件費や水道光熱費も減らせるので、野菜の価格に合わせてコスト削減もできるのが魅力です。

 

野菜のそのものを使うよりもロスが少なく歩留りが高いので、利益率の改善にも役立ちます。

 

野菜卸によっては、飲食店のメニューに合わせたカット野菜のセットを提供してくれる場合もあるので、問い合わせてみてはいかがですか。

 

安い地域の野菜を仕入れる

生産地によって、野菜の価格は変動するので、いつも仕入れている地域の野菜が高い場合は、違う地域の価格をチェックしましょう。

 

全国的に価格が高騰している場合でも、一部の地域では安く買える場合があります。

 

全国に配達してくれる野菜卸の業者も多いので、仕入れの価格は常に確認しておくのがおすすめです。

 

特産地の場合は、キャンペーンなどで通常より価格も下がりやすいので注目しておきましょう。

 

季節によっては、海外生産地からの仕入れも要検討です。

 

信頼できる野菜卸であれば、よい海外の生産業者と直接取引している場合も少なくありません。

 

野菜卸の業者を見直す

野菜が高くなっているときは、普段使っている野菜卸の業者を見直すのも方法のひとつです。

 

野菜の価格が高騰しているなかでも、安く野菜を売ってくれる業者を比較するのがおすすめです。

 

野菜卸の業者によって、得意な野菜や仕入れ量が多い野菜は変わるので、野菜ごとにチェックしてみてください。

 

価格の高騰で困っているのであれば、野菜ソムリエに頼んで選んで貰うのも便利です。

 

全国の主な野菜卸業者の一覧はつぎのサイトに掲載されています。

参考:業界ランキング

 

このようなサイトから個別に問い合わせる方法もありますが、全国の野菜卸業者で提供される野菜の価格を比較するサービスをおこなっている業者もあります。

 

仕入れの量が多い飲食店であれば、このようなサービスを利用する方が効率があがる場合もありますので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。



冷凍野菜を使用する

生野菜に比べれば鮮度は落ちてしまいますが、長期保存ができる冷凍野菜を使用するのもおすすめの方法です。

 

野菜の価格の変動が激しい場合は、価格が下がっているとき時にまとめて仕入れて、冷凍野菜を作るのも便利です。

 

生のまま冷凍保存できる、ピーマンや玉ねぎ、トマト、きのこ類などは冷凍野菜として使いやすいです。

 

また、ブロッコリーや山芋、かぼちゃなどは下処理をしておくと長持ちします。

 

冷凍野菜によっては栄養価が落ちてしまうものもあるので、ので、スムージーや野菜の栄養をメインにしている料理をつくる場合は注意してください。

 

業務用の野菜卸で冷凍野菜を買う場合は、賞味期限が長いのでおすすめですですが、種類が限られているので、飲食店のメニューに必ずしもマッチしないこともあります。

 

そのようなときは、メニューに合わせた野菜を組み合わせてくれる野菜卸から仕入れると効率が大きく改善します。

 

水が出やすい場合はスープ系がおすすめ

 

冷凍野菜は、解凍する際に野菜が水っぽくなってしまうのがデメリットです。

 

野菜から水が出やすい場合は、水が気にならないスープ系のメニューを作るのがおすすめです。

 

スープ系は季節を問わず人気があるので、野菜の歩留り改善の意味でも、夏なら冷たいスープ、冬なら温かい鍋などのスープ系といったように、季節ごとのメニューも合わせて考えておくとよいです

 

冷凍野菜を使ったスムージーは、水が出すぎると味が薄くなってしまうので注意してください。また、水が多く出るキャベツや、トマトなどの野菜は少し濃い目に味付けをすることで、味が変わりにくいです。

 

味が変わらないように、調味料の量を調整するのもおすすめです。

 

メニューの変更や価格の改定をする

 

野菜の価格が高騰している場合は、思い切ってメニューの改善を変更するのもおすすめです。

 

メインの野菜を入れ替えるだけでなく、価格が高騰している間はメニューを中止したり、入れ替えしたりしましょう。

 

価格の改定改善をする場合は、もし安くするなら、旬の野菜ではないためなど、理由を添えると納得して貰いやすいです。

 

また、お通しとして出す場合は量を減らしたり、使用する野菜を少し変えるたりするのも大事です。

 

ただし、量を減らすだけだとお客さまが逃げてしまうことにもなりかねません。

 

できるなら、量を増やしたり豪華に魅せる工夫によって、高めの価格帯のメニュー開発にもチャレンジするとよいです

 

0 コメント

加工野菜のメリット・デメリットは?

野菜卸を業者からする際に、加工がされていない生の野菜を仕入れるのが通常ですが、中には加工をして販売してくれる業者もあります。今回は、加工野菜のメリット、デメリットについて紹介します。

 

小さな飲食店や、作業をスピーディーに済ませたい方にはおすすめの情報なので参考にしてくださいね。



加工野菜とは?

加工野菜は、通常の野菜とは違い、手を加えてから販売されている野菜が当てはまります。加工野菜には、どのような種類があるのか紹介します。

 

カット野菜

野菜がカットされた状態で販売されています。皮付き、皮むきと状態が選べるので、料理に合わせて選択が可能です。カットの大きさも選べる業者が多く、少量で使う場合はコストも安いです。加工野菜の中で、利用する方が多い加工方法です。

 

皮むき野菜

皮が厚かったり、剥くのに時間がかかったりする野菜は、はじめから皮を剥いて販売して貰えます。さつまいもや里芋、ごぼうなどが多いです。かぼちゃは種抜きもして貰えるので便利です。皮を剥いた後のゴミも処理してくれるので、飲食店でのゴミを減らせます。

 

粉末野菜

野菜を加工して粉末状態にして販売しています。パウダーなので、賞味期限が長く、混ぜ込む料理におすすめです。離乳食やお菓子系のレシピ、野菜を入れたいけれど水分は飛ばしたいという方にもぴったりです。

 

冷凍や冷蔵なしで保存できるものも多いため、かさばらないのも魅力です。

 

ペースト野菜

野菜をペースト状にした状態で買えます。裏ごしの作業が減るので、時短になります。ペースト状の野菜は、粉末よりも野菜のコクや食感が出やすい特徴があります。

 

冷凍野菜

加工した野菜を冷凍した状態で販売してくれるサービスです。加工野菜にありがちな、鮮度の落ちをカバーしてくれるので便利です。水分が出やすい野菜には向きませんが、スープ系のレシピには使いやすい加工野菜です。

 

賞味期限が他の加工野菜と比べてかなり長いのが特徴です。



加工野菜のメリットは?

加工野菜には様々な種類がありますが、加工野菜のメリットはどんなものがあるのか紹介します。

 

人件費・時間のコスト削減

野菜を購入してから、洗ったり下茹でをしたりと、余計な手間が省けるので、人件費と時間のコストが削減されます。小さなお店や、従業員が少ないお店では、時間やコストが削れるのが大きいメリットです。

 

また、下処理や切ったあとのゴミも出ないので片付けの時間も減らせます。



少量なら価格が安い

少量のみの加工野菜を使用する場合は、通常と価格が変わらないのでお得に購入できます。また、需要が高い野菜も1個あたりの加工野菜が安く販売されています。冷凍系の野菜の価格は少し値が張るので、使うサイズで買い分けましょう。

 

旬ではない野菜が使える

加工野菜の中の、冷凍野菜は、季節を問わず野菜が購入できます。決まった定番メニューを出している飲食店は、旬ではない野菜を手に入れるのが大変です。冷凍タイプを買うことで、価格も抑えられるので大きなメリットです。

 

安全性が高い

パッケージが密封されていたり、温度管理を徹底していたりと、安全性が高く作られているのもメリットです。自分で加工をすると、時間が経過すると色が変わってしまうことも多く苦労する方も多いです。

 

業者の方で、加工野菜を注文すると常に安全性が高い状態で販売してくれるので安心です。



加工野菜のデメリットは?

続いて加工野菜のデメリットを紹介します。メリットと合わせて知っておくと便利です。

 

大量に注文する場合は価格が高い

加工野菜は通常の野菜より、価格が高い場合があるので、加工に時間がかかるものだけ購入するのがおすすめです。また、旬でない野菜を買うときはより価格が高くなるので、注意が必要です。

 

カット野菜やゆで野菜など、専門に扱っている業者は通常よりも安い価格で購入できます。



鮮度が落ちやすい

カットや下処理を済ませてしまうことで、鮮度が落ちやすくなるのもメリットです。魚やお肉と同じように、野菜も時間が経過すれば鮮度が落ちやすくなります。必要な分だけ購入するなど、買う量を工夫することでデメリットが防げます。

 

鮮度を保つために、添加物を入れる場合もあるので、匂いが気になる方も注意が必要です。



栄養価が減る場合がある

野菜の加工方法によっては、水にさらした状態が増えるため栄養価が減るデメリットもあります。注文を受けてから加工をしてくれる業者を選んだり、栄養価が売りではない野菜を選んだりするのがコツです。

 

スムージーや有機野菜など、野菜をメインにした料理は、注意が必要です。



まとめ

今回は、加工野菜の種類やメリット・デメリットについて紹介しました。普通に野菜を購入するだけでなく、飲食店の経営状況や料理のメニューに合わせて選ぶことで、時間やコストが減らせ、効率的に経営ができます。

 

加工野菜を利用していない方も参考にしてください。



0 コメント

ソーシャルディスタンスを守る!ドライブスルーの八百屋

2020年に緊急事態宣言が発表され、休業をした企業や、自粛をする方が増える中、ドライブスルーの八百屋が人気を集めました。ソーシャルディスタンスを守りながら、野菜卸ができるドライブスルーの八百屋の実態を紹介します。

 

ドライブスルーの八百屋は、新型コロナウイルスが流行している中、八百屋、飲食店、農家にメリットの多いサービスです。自粛を心がけている方、新型コロナウイルス感染の予防を徹底している方におすすめの情報なので、参考にしてください。



ドライブスルー八百屋とは?

 

青果の卸業をしている「フードサプライ」が、新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐために始めたサービスです。東京をはじめとして、話題になったドライブスルー形式の八百屋ですが、現在は全国に展開されており、人気を集めています。

 

「フードサプライ」は、千葉や東京、埼玉、神奈川を中心に卸売を行っている会社ですが、

関東方面だけでなく、全国18拠点、最近では北陸地方にも販売をしており、地方の方にも利用しやすいです。

 

新型コロナウイルスが収束した後も、サービスは継続していると発表しており、新しい野菜卸のサービスとして注目が高いです。



ドライブスルー八百屋の特徴は?

 

車に乗ったまま、野菜の注文から購入までの作業ができるので、車から降りる必要がありません。距離を取って、販売員とのやり取りができる点が優秀で、今までどおり野菜卸の相談も乗ってもらえます。

 

八百屋側も、人との接触を避ける人が増えた中売上げが落ちるので、景気を回復する良い手だと言われています。また、車のトランクに野菜を積み込んでくれるので、荷物を多く持てない女性の方にもおすすめのサービスです。



購入する野菜の予約ができる

 

ドライブスルーの八百屋は、その場で注文をするだけでなく、事前に購入する野菜の予約ができます。季節や旬、八百屋によって取り扱いは違いますが、旬の野菜やお米など、様々な商品を予約しておくと当日スムーズに購入できます。

 

購入する野菜が決まっている場合は、事前に在庫があるか確認をしておきましょう。「フードサプライ」では、「野菜セット」が販売されていて、お得な価格で買えるのでチェックしてみてください。



もったいない野菜セットが人気

 

ドライブスルー八百屋をはじめた、「フードサプライ」が提供する、もったいない野菜セットは、全国の契約農家、自社農園の野菜を詰め込んだ、「もったない野菜セット」は、安く野菜や果物、お米が買えるので人気を集めています。

 

セット内容は、

 

・国産米5kg

・玉子M

・キャベツ

・新玉ねぎ

・新じゃあいも

・新人参

・さつまいも

・きゅうり

・長ねぎ

・大根

・レタス

・サニーレタス

・水菜

・ミニトマト

・ぶなしめじ

・まいたけ

・リンゴ

・バナナ

・ゴールドキウイ

 

出典:https://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/

 

など。

 

お米を買う場合は、5000円、お米を買わない場合は3500円の価格になっています。税込なので買いやすい価格です、セットは事前に予約をしておくと、売り切れの心配もなく買えます。

 

通販や配送サービスはないので、当日、直接近くのドライブスルー八百屋を利用してください。また、野菜卸を普段利用する飲食店の方だけでなく、一般の方も購入できるので人気を集めているサービスです。



開催時期が決まっている場合もあるので注意

 

ドライブスルーの八百屋は、通常の野菜卸のように、毎日開催しているわけでなく、開催時期が決まっている場合もあります。地域や八百屋によって、日にちや開催場所が変更になることもあるので、事前にチェックしておきましょう。

 

毎日野菜を購入したいという方にとっては、デメリットに感じる点でもあります。その場合は、通販や他の野菜卸の配達サービスと組み合わせて、野菜を購入するのがおすすめです。

 

飲食店を経営している方は、野菜の鮮度や使用する日にちを考えて、量を調節するのもおすすめです。



コロナ過によって急増したサービスは?

 

ドライブスルーの八百屋だけでなく、宅配ボックスのようなボックスに入れて配達して貰えるサービスや、事前にお金を払っておき、ドアの前に置いておいて貰える宅置きサービスなども人気を集めています。

 

極力、人との関わりを避けて取引ができるサービスは、新型コロナウイルスの流行によって増えました。地域によっては、ドライブスルーの八百屋を利用できないという方は、配達のサービスを利用するのもおすすめです。

 

普段配達サービスを利用している方は、宅置きサービスが利用できないか問合わせてしてみてください。また、対応の際はマスクを着用するなど、新型コロナウイルスの予防に徹底するとより安心して取引ができます。



まとめ

 

今回は、ドライブスルーで利用できる八百屋の特徴やメリット、デメリットを紹介しました。また、「フードサプライ」をはじめ、コロナ過に負けないサービスを提供している業者も多いです。

 

コロナ過の中、ソーシャルディスタンスを心がける方が増えている中で、販売員と距離を取りながら、今まで通りの野菜卸を利用できる良いサービスなので、利用してみてください。

 

0 コメント

業者を見直す時に参考になる!野菜卸の選び方とは

初めて飲食店を経営する際に、必要になるのが野菜卸の選び方です。野菜卸の業者によって、価格が違ったり、取り扱い野菜が違ったりと特色が変わります。今回は、野菜卸の選び方を細かく紹介していきます。業者を見直す際にも使えるので、参考にしてください。



卸売会社の種類で選ぶ

 

仕入れをする際に、卸売会社の種類を知っておくと会社を選びやすいです。野菜だけでなく、調味料や他の食料品を扱っている「総合卸」、特定のジャンルの食材が仕入れられる「専門卸」特定の食材に絞った「食材別卸」と種類が分かれています。

 

まずは、仕入れたい食材を決めて会社を選びましょう。野菜だけを仕入れる場合は、食材別の「野菜卸」だけでいいですが、まとめて他の食材を仕入れる場合は他の種類もチェックしましょう。



価格で選ぶ

 

仕入れたい野菜を取り扱っている業者を見て、1個やグラムあたりの価格を比較しましょう。配達する際に、手数料がかかるかどうか、旬によってどれくらい価格が変動するかどうかを確認すると選びやすいです。

 

1つの業者だけで決めずに、他の業者との価格を比べることで、損をせずに野菜卸の業者が選べます。また、取り扱う野菜によって価格が変動するので、よく仕入れる野菜は価格を重視するのがおすすめです。

 

1つの業者だけでなく、いくつか掛け持ちして契約するのもお得です。業者によっては、見積もりを出してくれる場所もあるので契約前に比較してみましょう。



注文方法で選ぶ

 

直接市場に行き、野菜を購入する方法の他にも、電話連絡や定期注文もあります。地方で直接お店に行けない場合や、野菜卸の営業時間や営業日に行けない場合はネット注文を利用するのがおすすめです。

 

野菜卸の業者によっては、柔軟に注文方法を対応してくれる場所もあります。いくつも業者を利用している場合は、注文方法を統一すると検品の手間が省けるのでおすすめです。



配達方法で選ぶ

 

地方に住んでいたり、車を持っていなかったりする場合は、直接配送して貰える業者を選ぶのがおすすめです。野菜卸の業者によっては、配送地域を限定している場所もあるので、契約をする前に確認しておきましょう。

 

また、市場が休みの日に配達を受け付けていない業者もあるので注意してください。近くにお店がある場合や、直接野菜を見て仕入れをしたい場合は、配達ではなく買いに行く方法がおすすめです。



鮮度や品質で選ぶ

 

価格が安いだけでなく、仕入れる野菜の鮮度や品質がしっかりしているかを重視して選ぶのも重要です。市場が休みでも届けてくれる業者は、鮮度が落ちやすいこともあるので、口コミを確認するのもおすすめです。

 

野菜の栄養価や品質にこだわったメニューを出しているお店は、鮮度や品質の確認は欠かせません。



仕入れたい野菜の種類で選ぶ

 

飲食店に仕入れたい野菜の種類で選ぶ方法です。野菜の種類によっては取り扱っていない業者もあるので事前に確認しましょう。また、特定の地域でしか採れない野菜や、旬とは違う時期に野菜を仕入れる場合は、価格が高くなります。

 

旬の野菜は大手がおすすめ

旬の野菜を仕入れる場合は、大手の野菜卸や業務スーパーにて仕入れるのがおすすめです。

大手の野菜卸の業者は旬の野菜は、たくさん売れるので多めに仕入れることで、原価率を下げています。

 

1個あたりの原価が下がることで、他の野菜卸の業者と比べて安く買えるのでお得です。



有機野菜やオーガニック野菜は専門で取り扱っている業者を選ぶ

有機野菜やオーガニック野菜を中心に野菜の仕入れを考えている場合は、社内に畑があり、直接配送してくれる場所や、有機野菜、オーガニック野菜だけを取り扱っている専門業者を選びましょう。野菜によっては、カット野菜を販売してくれる場合もあります。



仕入れ数で選ぶ

 

仕入れる野菜の数で選ぶ方法です。野菜卸の業者では多く仕入れるほど、安く仕入れることができます。小さな飲食店を経営している方や、必要な野菜が少ない場合は、小ロットでも安く買える業者を選ぶのがおすすめです。

 

色々な業者とまとめて仕入れをしてくれている場所は、小ロットで注文しても安い価格で野菜が仕入れられます。数回しか仕入れる予定がない場合は、スーパーに直接出向いて購入するのもおすすめです。



野菜ソムリエがいる場所もおすすめ

野菜ソムリエは、野菜の知識を持っている資格保持者のことで、野菜の選び方やレシピの相談を受けてくれます。市場や野菜卸の会社に勤めている場合が多く、初めて野菜卸を利用する方にもおすすめです。

 

専門的な知識を持っているので、一緒に野菜を選んで欲しいという方に便利です。



まとめ

 

今回は、野菜卸の業者の選び方を紹介しました。地方に住んでいる方や、珍しい野菜を仕入れたい場合でも、対応してくれる業者が多くあるので、自分のお店の特徴に合わせて選びましょう。

 

少しでも安くしたい、良い野菜を仕入れたいという場合は、特徴を比べて業者を見直すのもおすすめです。

 

0 コメント