Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




九州電力がレタス工場を計画している件

西日本新聞で掲載されていましたが、近い将来に私たちが口にするレタスが無農薬になるかもしれないというものがありました。というのも九州電力が世界最大規模の水耕栽培のレタス工場を作るという計画があるそうです。

レタス工場は福岡県豊前市の豊前発電遊休地というところで、2021年には完成予定とのことです。すでに2022年には出荷が可能な状況となるとのことです。この規模の大きさですが、約1万2千平方メートルといわれており、東京ドームの4分の1ほどの大きさになるとのこと。

こちらは密閉空間でLEDと人工水を使って水耕栽培するので、害虫の心配はいらないので、農薬を使わなくても良いとのこと。

ほとんどのことは自動化するとのことで、従業員もこの規模に対して80人程度で構わないので人手不足にもきちんと対応しています。この工場が事業化するかどうかということはまだ計画段階で、来年の3月ごろに最終決定が下されます。

この工場が実現すれば、レタスの安定供給はもちろんのこと、もやしのように格安で提供できる可能性もあるために夢が広がります。災害などで多くの野菜が影響を受ける中、こうした野菜工場なるものが今後できていく可能性はあるでしょう。

というのも「食」は我々、人類にとって欠かせないものであり、今後、様々な気象状況などにより、安定した供給が危ぶまれています。これらを農業従事者だけに任せておくのではなく、大企業や国が真剣に考えていかなくてはならない問題でもあります。

世界でみれば人口は増えているものの、日本だけでみれば若年者の人口減少は著しく、人手不足は否めません。その中でオートメーション化、AIを用いるなど様々な工夫がなされていくことは予想できます。

こうした取り組みが少しずつ増えていくことで、近い将来訪れるであろう、食糧難の時代に備えていこうというわけです。レタス工場も先に九州電力が行うことで、他の電力会社や、他の大手企業などが参戦する可能性もあります。

そのようになれば、価格競争なども行われるようになる可能性もあり、より安く野菜を手に入れられる日もくるのではないでしょうか。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

0 コメント

台風19号が野菜の流通に与えた影響

世界最大の台風ともいわれた台風19号が通り過ぎてから、日が経ちましたが野菜や果物などの農作物などにも影響が出ており、収穫にも流通にも甚大な被害をもたらしています。

 

特に影響を受けたのは、葉物野菜やリンゴなどといった果実です。東日本が特に被害を受けたために、東日本の産地からは出荷が滞ってしまっています。情報によれば15日の青果物取引は品薄高になる品目があったようです。

 

具体的にはキャベツなどの入荷量が東京中央卸売市場大田市場などでは先週に比べて半分弱となり、群馬産のキャベツでは、流通価格は10キロあたり1300円と前の週から価格が三割増しになりました。

 

リンゴなどの果実に関しては長野県の一部の地域などが出荷不良になり、自然と流通数が少なくなったことから、市場価格もあがっているといわれています。

 

また、遠方の地域にも影響は出ています。例えば鹿児島などでは、レタスやキャベツ、リンゴなどが16日になっても届かないなどといったこともあったようです。流通数が少なければ、遠方の地域への出荷が少なくなってしまう場合もありますので、これもまた流通に与える影響としてはいたいところです。

 

また、果物でいえば、イチゴの流通も台風19号の影響でピンチだと言わざるを得ません。イチゴの産地として知られる、茨城県が被災したことは大きな影響を及ぼします。あと二カ月もすればクリスマスシーズンですが、イチゴの収穫量が減れば、こうした部分にも影響が出るでしょう。

 

それから酪農でも影響が出ています。例えば牛乳などが多く廃棄されることとなっています。豚も暑さで衰弱死し、ハウスなども倒壊しています。これだけの被害が出るというのは、台風19号の怖さを物語っているといえるでしょう。

 

台風19号が農作物に与えた影響は計り知れません。こうした自然災害は、近年はつきものですが、流通や収穫に対する被害が少しでも減ることを祈っております。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

0 コメント

台風19号は野菜にどのような影響を与えるのか

地球規模最大の台風と呼ばれているのが、2019年10月12日に日本列島を襲う台風19号です。気象庁の予報をはじめ、米軍もその進路について予想しており、特に東京が台風の中心になるといわれている。

 

昨日も台風がきたのですが、千葉などをはじめとする関東圏では様々な被害がありました。リンゴやナシなどといった果物はすべて落ちてしまい、ビニールハウスが倒壊するなど農家の被害総額は200億円を超えていました。

 

台風19号では、その被害を超える影響が予想されており、農作物の収穫量にも影響を与える可能性は高いといえます。そもそも10月に入っても気温が高く、雨が降らないなどといった例年にはなかったような異常気象が続いていました。

 

その中で、台風19号がやってきたわけです。同じ轍は二度と踏むまいと茨城県の農家などでは台風を前に施設の補強や、農作物の収穫を急ピッチですすめていました。伊豆半島でも対策をしていた農家はあったようです。しかし、全てを救うのは難しいのかもしれません。

 

このような影響からスーパーなどの小売店に並ぶ農作物などの値段にも少なからず影響があると予想されます。ただでさえ、増税なども重なり、家庭や飲食店を苦しめている中、追い打ちをかけるように自然災害では痛いですよね。

 

結果的にどのようになるのかはわかりませんが、また野菜や果物に関する19号の影響についてわかりましたら、お伝えしようと思います。最後まで読んでくださってありがとうございました。

0 コメント

カット野菜に栄養はないのか?

最近、何かと話題になっているカット野菜、家庭でも飲食店でも使用されるケースは決して珍しくはありません。しかし、野菜や果物などは水などで洗い流すと栄養分が流れ落ちてしまうのではないかと心配し、噂する人もいます。実際にはどうなのでしょうか?

 

このあたりは専門家によれば、たとえ水などで洗い流したとしてもビタミンCなどといった栄養素は8割強残存するとしています。つまりは、水洗いによる栄養分という意味では流れ落ちてしまっているなどということは事実無根だということです。

 

ただ、一方でカット野菜が栄養素がないと感じる部分は別のところに問題があるといえます。それはカット野菜には緑黄色野菜があまり含まれていないものが多いということです。単に野菜をとってさえいればそれでいいというわけではなく、緑黄色野菜を摂取することが必要なのです。

 

また、カット野菜ではなく冷凍野菜ではどうでしょうか?冷凍野菜では意外なことに栄養素がそんなに冷凍することで流れ出ないといわれています。ただし、解凍と同時に流れ出てしまいますので、調理する際には必ず、凍ったまま調理することが大切でしょう。

 

カット野菜はサラダに適したものと、炒め物に適したものなど、数多く種類も出ていますので、一概にこれらにあてはまるわけではありませんが、野菜不足は特に日本人は近年問題が深刻化してきておりますので、積極的にとっておきたいところですね。

 

今回はカット野菜は栄養はあるのか、冷凍野菜はどうなのかというお話をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。生活習慣病や糖尿病、ガンなどのリスクを少しでも下げるためにも緑黄色野菜を摂取しておきたいところですね。最後まで読んでくださってありがとうございました。

0 コメント

野菜高騰でも影響を受けにくいモヤシの魅力

モヤシは家庭や飲食店に重宝される野菜高騰でも影響を受けにくい野菜として知られています。その理由としては、天候などに影響を受けにくいので安定して供給できることがあげられます。

 

スーパーなどの店頭をみると20円以下、安いときは一袋1円などといった販売価格も見受けられます。安く販売できることを察するに生産コストがさがっているのではないかと想像できますよね?しかし、実際にはそうではないのです。

 

モヤシを製造する農家や会社は多売薄利の商売を続けています。実は、モヤシの価格は下がる傾向にあるものの、生産コストは上昇する傾向にあるのです。このコスト上昇の理由としては人件費、輸送費の増加や、モヤシのもととなる緑豆が高騰しているということがあります。

 

コストの上昇に伴って生産農家は徐々に廃業に追い込まれています。せめて40円程度で売らなければ、生産者への還元が少なく苦しいというのです。こちらは市場価格やスーパーとの兼ね合いなど様々な状況を加味した上で価格を上昇させることは難しいとされています。

 

こうした生産者の努力があって存在が保たれているモヤシですが、栄養価など魅力はほかにもあります。ビタミンB1ビタミンCが含まれているので栄養価はあります。さらに低カロリーなためにダイエット食としても人気があります。

 

例えばモヤシスープなどは良い例です。庶民の財布に優しく、飲食店でもリスク度外視で出すことができるので、野菜高騰が叫ばれる中、救世主となるのではないでしょうか。最後まで読んでくださってありがとうございました。

0 コメント