Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




アレンジメニューが作りやすい!人気のキャベツ

キャベツは、栄養価が高く、満腹感も得られる野菜を使ったダイエットメニューは、女性を中心に大きな支持を集めています。糖質が控えめだったり、カロリーが低かったりと、ダイエット中だけど美味しいものを食べたい方に人気です。

 

今回は、飲食店にてダイエットメニューを考えるならおすすめしたいキャベツを紹介します。

 

キャベツのカロリーや糖質は?

 

キャベツは、100gあたりのカロリーが、約22kcalと多く食べても太りにくいおすすめの野菜です。糖質も100gあたり3.7gと根菜類と比べると控え目なので、ダイエットメニューに取り入れやすいです。

 

調理する時は、塩やタレなど味付けで糖質やカロリーが増えすぎないように気をつける必要があります。

 

キャベツの栄養価は?

 

カロリーも糖質も低いキャベツですが、栄養価が高く健康に良いのもおすすめのポイントです。栄養価をキープしたいなら加熱をしないサラダに使用するのがおすすめですが、加熱した方が食べやすいです。



ビタミンC

美肌やコラーゲンを作るサポートをしてくれたり、疲れた身体を元に戻すサポートをしてくれたりする成分です。身体では作れない成分なので、美容成分として食事やサプリメントから摂取する方が多くいます。

 

キャベツにはビタミンCが含まれており、身体の健康のサポートをしてくれます。



ビタミンK

キャベツのビタミンKは、野菜の中でとても多く、骨を強くするサポートをしてくれる成分です。ビタミンKは、パセリやしそなどに多く含まれますが、キャベツにも含まれています。



ビタミンU

キャベツにのみ含まれている栄養価で、抗酸化作用が働いている成分です。

ガンや動脈硬化の予防にも使えるので、健康メニューにもおすすめの成分です。



キャベツを使ったおすすめメニュー

ここでは、キャベツを使ったおすすめメニューを紹介します。キャベツの安い時期には、多く量産してもコストが安いので参考にしてみてください。メインメニューをはじめ、副菜でも使いやすい野菜なので、新メニューを考える際は使いやすいです。

 

野菜スープ

旬の野菜を取り入れて作る野菜スープです。キャベツは大きく切っておくと食べごたえがあるのでおすすめです。ヘルシースープに仕上げるなら、根菜類は避けて玉ねぎやトマトなどをベースに作りましょう。

 

野菜の種類を季節によって変えることで、飽きがこないので長く愛されるメニューになります。

 

ロールキャベツ

ひき肉にキャベツを巻いて味をつけたロールキャベツは、メイン料理としても人気が高いです。ひき肉の部分を野菜のみじん切りを混ぜたタネに仕上げると、よりカロリーが減らせるのでおすすめです。



漬物

キャベツを酢や塩などに付けておく漬物です。生のキャベツのシャキシャキ感を残せるので、お通しとして人気です。塩昆布と一緒に混ぜて漬けたり、他の野菜と一緒に混ぜるのもおすすめです。




まとめ

 

今回は、野菜卸の中でも売り上げが高いキャベツを紹介しました。1個あたりの単価が安く、アレンジのしやすいキャベツはメニューを考えるのに使いやすい野菜です。栄養価も高く、ダイエットメニューにも使いやすいので、カフェや居酒屋などお店を問わず使えます。

 

キャベツを取り入れたメニューを作ったことがない方も、是非実践してみてください。

 

0 コメント

秋のメニューに合わせたい!秋に人気の野菜とは

秋のメニューに合わせたい!秋に人気の野菜とは

 

カフェや居酒屋、小さな飲食店は、メニューの珍しさや季節の食材を取り扱うことで他と差をつけています。特に期間限定や季節限定のメニューは、SNSで取り上げられたり、メディアで注目を集めたりするので注目度が高いです。

今回は、飲食店の秋のメニューに合わせて仕入れたい、秋に人気の野菜を紹介ます。



秋の味覚といえば「さつまいも」

 

秋の味覚といえばすぐに思いつくのが、さつまいもです。さつまいもは、食事メニュー、スイーツメニューと万能に使える野菜なので人気が高いです。ビタミンや食物繊維、カリウムが多く、栄養価が高い点も愛されています。

 

「さつまいもの天ぷら」「いものタルト」「大学芋」など、バリエーションが多いので、秋のメニューを考えやすいです。ツヤがあったり、凸凹が少ないものを選ぶと、美味しいさつまいもに出会えます。



ハロウィンにぴったりの「かぼちゃ」

 

ハロウィンの季節が近づくと、ハロウィンをモチーフにした季節限定のメニューが増えます。かぼちゃ自体は、夏が旬として扱われますが、夏から秋にかけて、メニューに使いやすい野菜です。

 

ビタミンCやビタミンE、食物繊維など、女性が喜ぶ、美容や健康成分が多いのも魅力です。「かぼちゃプリン」「かぼちゃタルト」などのかぼちゃの味が感じられるものが人気を集めています。



料理に使いやすい「ごぼう」

 

ごぼうは、「豚汁」「きんぴらごぼう」や「炊き込みご飯」など、煮物や副菜に使える万能な野菜です。食物繊維が野菜の中でもかなり多く入っているので、女性向けのメニューを考える時にも欠かせません。

 

和食系のメニューを出している飲食店は、秋にごぼうを取り入れたメニューがおすすめです。切ったら水にさらすことで、変色を防げるので、下処理はしっかり行いましょう。



可愛い形に切り取れる「にんじん」

 

根菜類の中でも、彩り担当としてつけるにんじんも秋の旬の野菜として知られています。同じ旬の野菜である、ごぼうとも組み合わせやすく、「かき揚げ」「きんぴらごぼう」や、付け合わせとして人気です。

 

βカロテンという栄養素が含まれていて、免疫力を上げたり、アンチエイジングのサポートをしたりしてくれます。女性に人気の栄養素が多いので、女性向けメニューにも使いやすい野菜です。



まとめ

 

今回は、秋のメニューにぴったりの旬の野菜を紹介しました。旬の野菜は、栄養価が高く価格も安いので、お店もお客さん側も嬉しいことばかりです。

 

また、季節の中でも秋は美味しい野菜が多いので、イベントや作りたいメニューに合わせて旬の野菜を取り入れてみてください。

 

0 コメント

野菜ソムリエを利用して良い野菜を手に入れる!

野菜や青果を取り扱っているけれど、野菜の知識が少なくて選び方が分からないと悩むお店も多いです。旬の野菜や、野菜の選び方などに迷った際は、野菜ソムリエを利用する方法がおすすめです。

 

今回は、「ベジタブル&フルーツマイスター」、通称野菜ソムリエについての情報を紹介します。

 

野菜ソムリエとは

野菜ソムリエは、「ベジタブル&フルーツマイスター」という資格を持つ方のことを言います。初級から上級まで階級が分かれており、上級に行くほど知識が豊富です。野菜ソムリエは、料理教室やセミナー教師、レシピ開発などを主な仕事としています。

 

ただ野菜を選ぶだけでなく、同じ野菜でも栄養や素材に合わせた調理方法の提案も行ってくれます。野菜の知識が少ない方は、野菜ソムリエに頼るのがおすすめです。野菜マイスターは、全国で2万人以上いるので地方でも気軽に相談ができます。

 

卸売市場に勤めている場合も

大きな卸売市場には、野菜ソムリエが勤めている場合もあります。作りたいレシピに合った野菜の選び方や、旬や栄養の高い野菜の選び方などを聞けます。卸売市場に直接出向いて、選ぶ場合は野菜ソムリエに頼るのがおすすめです。

 

サラダやスープなど、野菜メインの料理を作っている場合は、栄養価の高い野菜を選ぶとメニューの質を上げられます。

 

予算を元に相談ができる

栄養価や質が良い野菜を選びたいけれど、予算が厳しいというお店も多いです。予算を元に、最高の野菜を選ぶお手伝いもして貰えるので便利です。野菜を選ぶ際に予算がある場合は、事前に予算を伝えた上で野菜ソムリエに相談を行いましょう。

 

事前知識を得る必要がない

お店の営業に忙しくて、野菜や果物の事前知識を得る必要がないので負担がかかりません。

また、卸売市場に行って選ぶ時間を短縮できるので、スタッフが少ないお店にもおすすめです。

 

野菜の旬や選び方など、経営者が悩む必要がなく、野菜ソムリエに任せられる点も魅力です。


まとめ

 

今回は、野菜卸をする際に頼りになる野菜ソムリエの情報を紹介しました。旬の野菜や栄養価の高い野菜など、野菜の選び方は素人では見分けがつきにくいです。野菜の知識が少なくて、選ぶのに時間がかかる場合は、野菜ソムリエのいる卸売市場を利用しましょう。

 

卸売市場のサイトに野菜ソムリエがいるかどうかの確認が可能です。また、今後自分で野菜を選びたいという方は野菜ソムリエの資格に挑戦してみるのもおすすめです。



0 コメント

季節の野菜を知っておくとコストが抑えられる

毎日の定番のメニューに使用する野菜は、季節によって旬の野菜を使用すると旨みが上げられます。また、旬の野菜は多く仕入れても安く手に入れられるので、仕入れのコストが抑えられます。

 

季節の野菜を知っておくと、業務用の野菜卸の際に便利なので調べておきましょう。

 

1月~3月

菜の花やからし菜、大根や人参、ブロッコリーなど、葉っぱや小松菜などの根菜類が多いです。煮物系はもちろん、季節の野菜を使ったサラダなどにも使えるので便利です。キャベツを使用する場合は、冬キャベツを購入しましょう。

 

1月から3月は、野菜の価格が上がりやすいので魚や貝などと合わせたメニューが人気です。

 

4月~6月

ツクシやさやえんどう、レタス、新たまねぎ、トマトなど、メニューに使いやすい野菜が旬になります。ゴボウやそら豆など、煮物に使いやすい野菜も安くなるのでおすすめです。オクラやズッキーニ、ピーマンなどの野菜も人気が高いです。

 

新たまねぎは、甘めなので煮物だけでなくスープやサラダに乗せても食べやすいです。

 

7月~9月

夏野菜と言葉があるほど、夏は野菜が多く販売されています。とうもろこしやきゅうり、茄子、ピーマンやパプリカなどがおすすめです。夏野菜カレーや、夏野菜サラダなど、旬の野菜を使ったメニューが考えやすいです。

 

スイカや梨など、フルーツも価格が安くなるので、セットメニューが考えやすい点が魅力です。

 

10月~12月

秋から冬に向けては、ネギやさつまいも、ゴボウなどの芋系の野菜が旬です。白菜やキャベツなど、鍋に使いやすい野菜も増えてくるので、暖かいメニューに使いやすいです。また、さつまいもを使ったスイーツ、揚げ物などもおすすめです。

 

冬は夏に比べて、野菜の単価が高くなるので旬の野菜を中心に仕入れましょう。

 

旬を問わない野菜

わさび、アイスプラント、豆苗などは旬を問わない野菜なので、価格の変動が少ないです。年中同じメニューを考える場合は、旬を問わない野菜を選びましょう。アイスプラントや豆苗は、サラダに乗せやすいのでおすすめです。

 

まとめ

 

今回は、季節の野菜を紹介しました。季節の野菜を知っておくと、新しいメニューを考える際に便利です。また、季節に合わせてロットの変更や仕入れ先の変更もできます。旬の野菜は、通常の野菜に比べて栄養価も高いので、意識してメニューに入れましょう。

 

野菜が高い季節は、旬の野菜に置き換えるなど対策することで、コストを抑えてみてください。

 

0 コメント