Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




美味しい野菜料理を提供したい!関東出店の飲食店からヒントを得る

健康志向の顧客が増えている一方で飲食業界は空前の肉ブームですが、できればヘルシーな野菜料理を食べたいという顧客も大勢います。しかし、いざ野菜の飲食店を開こうと思っても人気のあるメニューなどが考案できなければ店を開くこともできないでしょう。そこで今回は関東の野菜を使っている飲食店をとりあげながらヒントを得ていこうと思います。

 

先ず、紹介したいのは横浜にあるビストロベジタブルマーケットです。こちらは野菜の風味を生かしたイタリアン料理の専門店で素材を活かした料理が多くあることでも知られています。メインとなるパスタには真タコと金針菜のぺペロンチーノと合鴨挽肉としめじのトマトソースなどといったものがあり、提供されています。

 

こちらのお店ではパスタと共にサイドメニューとしてサラダを注文する方が多いのですが、野菜のみを扱った野菜だけサラダやホタテや小エビとアボカドを入れたトマト風味のサラダなどもあり、これらは一律650円で提供されています。もちろんサラダを多く食べられないという人にもミニサラダを200円程度の単価で販売しています。

 

こちらのお店の見習うべきところは顧客に合わせて適切な量を選んで販売しているという点です。パスタに関してもハーフサイズの40グラムとレギュラーサイズの80グラムを準備しています。価格帯も40グラムが600円程度、80グラムが900円程度なのでサラダと合わせても1,500円には届かないといった感じになります。

 

もうひとつ紹介したいお店は青山にあるハタケカフェです。ネーミングがハタケなので想像できる方はできるかと思いますが、野菜を中心としたメニューを提供しています。人気のスペシャル野菜ランチは1日100食限定で、内容はスープに10種の野菜の盛り合わせ、ミニココット料理、ドルチェ、飲み物、フォカッチャとなっています。

 

 

ただ、飲食店にとってはランチは比較的赤字ということも多いので、やはりメインは単品料理です。例えば、野菜をふんだんに使った豆腐ハンバーグサラダは1,260円ということで結構な値段がしますし、野菜のポタージュに関しても735円ということでそこそこの値段はします。

 

ランチはもちろん人気なのですが、ランチでなくとも訪れるお客さんが多いのは野菜本来の味を活かすためにドレッシングなどをあまり多くはかけていないところなどもあるでしょう。また、価格帯に関しても安すぎず高すぎずといった感じで幅広い層の顧客を獲得しているところも見習うべきところですね。

 

今回は美味しい野菜料理を提供している関東のふたつのお店を紹介すると共に、飲食店を開きたいと考えている皆さんにとって参考になる情報を提供させていただきました。メニューの考案や価格の設定はなかなか難しい事ですが、流行っているお店を参考に決めてみても良いのかもしれませんね。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

0 コメント

健康志向の高まりからライスを食べない客が増えている!?大手ステーキチェーンの狙いとは?

皆さんは大手ステーキチェーンというと何を想像するでしょうか?ステーキの宮や出店が相次ぐ「いきなりステーキ」などといえば誰もが知るステーキ店だといえる。こうしたステーキ店の出店が相次いだのは、やはり日本人が魚中心の食事から肉中心といういわゆる魚離れが進んでいる背景がある。

 

肉といえば太るイメージを持たれてきたが、実際のところは肉は太る要因には直接なりにくい。むしろ炭水化物、糖質といったものが太る要因とされ、現在では飲食店でもご飯を食べないという顧客が増えているのが現状といえるだろう。

 

その中で、ご存知の方もいるだろうが、「ブロンコビリー」というステーキチェーンがある。こちらは、業界でいち早くウルグアイからの輸入が解禁になった牛肉を取り入れたということで最近話題になったステーキチェーン店だ。ウルグアイ産の牛肉は赤身で罪悪感のない脂身の少ないヘルシーなお肉が特徴であるのにも関わらず安く仕入れることができるため、他のオーストラリア産などと比べると500円ほど安い。

 

当然、こうしたウルグアイ産牛肉は徐々に顧客に受け入れられてはいるのだが、ブロンコビリーが顧客を獲得している理由の中には野菜の存在もかかせないといえる。ブロンコビリーの特徴とはサラダバーだ。同じくライバルであるいきなりステーキなどでは野菜よりも肉中心と考えているために野菜にスポットライトをあてているステーキ店は珍しい。

 

この新鮮なサラダバーはランチの際にステーキやハンバーグにご飯と共につくのが基本で顧客は好きなだけ野菜を食べることができる。小売店などで野菜が高いといわれている今、外食でたくさんの野菜が食べられるというのは魅力的だといえるだろう。

 

しかし、ただサラダバーを出すだけならば、他にもやっているところは腐るほどあるといえる。このブロンコビリーの凄さはステーキもハンバーグも必要とせず。且つご飯までも抜いたサラダバーの単品のみを販売しているところにある。

 

このサラダバーの値段は432円で実際問題サラダバーのみを注文するお客もいる。本来ならばステーキを食べにきているであろうという常識からはずれ、サラダバーのみを食べにくる健康志向の顧客の獲得すらも目指しているところに凄みを感じる。

 

また、ご飯を食べずに肉と野菜だけを食べたいという顧客のニーズにもこたえているところは素晴らしい。こうした取り組みによって他との差別化をはかり、ステーキ店として生き残りをかけている点は見習うべきといえるだろう。

 

今回はブロンコビリーのサラダバーについてのお話をしましたが、いかがでしたでしょうか。肉需要と同時に健康志向を考えてメニューを作ったりすることは今後の外食産業にとって重要な課題といえます。こうした部分に一石を投じるであろうブロンコビリーには今後とも期待したいですね。最後まで読んでくださってありがとうございました。

0 コメント

野菜の流通に革命を起こす!やさいバスっていったい何?

就農する人の数も減り、流通に関わるドライバーの数も減り、業界はますます人手不足と嘆く方が多い中、野菜の流通に一石を投じようと「やさいバス」なるものが運行されているというのを皆さんはご存知でしょうか?

 

おそらくきいたこともないという人もいらっしゃるとは思います。このやさいバスというのは実は現在、静岡県でしか運行されていないバスなんです。今回はこの「やさいバス」に関するお話を少しばかりしたいと思います。

 

この「やさいバス」その名の通り、野菜を運ぶためのバスであるのはわかるのですが、他にも様々な特徴を持っています。例えば、野菜が流通するまでに市場やスーパーマーケットなどを介さないということです。つまり、生産者がバスに引き渡し、購入者が直接生産者から購入できるという仕組みとなっています。

 

つまりは新鮮な野菜が手に入るという利点が購入者にはあると同時に、生産者側もレストランのシェフなどがどのような野菜を欲しがっているかということがわかるために、野菜作りに対する方向性も定まり、モチベーションアップにつながるという利点があります。

 

バスとはいえ、実際はトラックなのですが、人がバスに乗る際にバス停を使うように「やさいバス」も野菜が乗り降りするバス停が各地にあり、決められたルートを回るので、ドライバーにもさほど負担がなく、購入者不在などといったリスクを伴わない事もまた、効率の良さを裏付けています。

 

実際、運行された当初は利用者が増えるのかということも疑問視されていましたが、運行されてみると利用者は右肩上がりに増えて、こうした取り組みが現代にとってかなり有効だということが印象付けられたかと思います。

 

流通に関しては世間的にも問題があがっているので、こうしたビジネスモデルが全国的になれば衰退していく流通業界の救世主となり得るのではないでしょうか。

 

今回はやさいバスのお話をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。流通業界の問題が解消されなければ近い将来に品物が届かないという事態も起こりうるために飲食店にとってもかなりのダメージとなります。そうした問題を改善すべくこうした取り組みが増えることは喜ばしい事だと思いました。

 

 

 

0 コメント

ヴィーガンって何!?ベジタリアンとの違いが分からない人に向けて徹底解説!

皆さんは「ヴィーガン」という言葉をご存知でしょうか?恐らく耳にしたことがあってもその意味を知らない人や耳にすらしたことがないという人がほとんどかと思います。このヴィーガンという言葉は野菜と密接に関係している言葉のひとつでもあります。

 

結論からいってしまえば「ヴィーガン」とは菜食主義者のことを指します。もっとわかりやすくいうのならば、ヴィーガンとはベジタリアンという言葉と非常に近いものといえます。つまりは、肉や魚を食べないということです。

 

でも、同じ意味であるのならばベジタリアンとヴィーガンという二つの言葉がある必要性を感じないと思った方も大勢いるでしょう。しかしながら、この二つは似て非なるものであると言わざるを得ません。似てるようで微妙に違うのです。

 

ベジタリアンというのはご存知のとおり、肉や野菜を食べない菜食主義者を指しますが、ヴィーガンは卵やチーズなどといった乳製品やハチミツなどは絶対に口にしません。これはヴィーガンと呼ばれる人たちのこだわりのような部分に付随します。

 

というのも、ヴィーガンの考え方とは「人間は動物などを搾取することなく生きるべき」ということであり、完全に人間以外の生き物が関係しているものは口にしないということを貫くことに存在意義があるといっても過言ではないのです。

 

ちなみに、これらは食べるということだけでなく生活の全てに関わる事に他の命を巻き込まないということになるので、動物の皮などを使った衣類や財布などといったものも身に着けることはありません。動物性のものを排除するという在り方はかなりストイックなものになるかとは思いますが、海外セレブなどの間では意外と流行っているというのでわからないものです。

 

皆さんも、ヴィーガン生活に興味があれば試してみてはいかがでしょうか?また、ヴィーガン料理などというものもあるらしいですよ。ヴィーガン料理に関してはまたの機会にご紹介させていただきます。最後まで読んでくださってありがとうございました。

0 コメント

月額課金型飲食店は本当に儲かるの?徹底考察

皆さんは最近の飲食業界において月額課金型飲食店が増えているのをご存知でしょうか?この月額課金型飲食店とは顧客に継続課金させることによって年間収益を安定化させると共に顧客にとっても利用すればするほどお得になるというメリットを与えるという事で成り立っています。

 

ちなみにこのビジネスモデルのことを「サブスクリプションモデル」といい、元来は飲食業界ではなく、音楽や動画配信業界にて流行したビジネスモデルのひとつです。最近ではこうした業界だけでなくレンタカーやリースカーといった自動車業界の月額制や服のレンタルなどでも見受けられます。

 

例えば、飲食業界では野郎ラーメンが月額8,600円を顧客が払うことで一日1杯ラーメンが食べられるというサービスを行っていることがあげられます。一見すると確かに1日800円程度はするであろうラーメンが1杯食べられるということは毎日食べ続ければ24,000円程度にものぼるために3倍のお得さがあるといえる。

 

それでも、毎日客がラーメンを食べるのかという点が疑問だが、例えば毎日昼食を外でとるサラリーマンにとってはかなりありがたいものだといえる。ラーメンが単純に好きだという人から通うのに近いからという人から理由は様々であるが、こうしたサブスクリプションモデルによる恩恵を受けている人も少なくはないといえます。

 

顧客にとってはサブスクリプションモデルが有意義になるケースがあるとわかった上で飲食店には安定した収益が出るという以外にどのようなメリットがあるのかを考えると、真っ先に思い浮かぶのは食品ロスが減らせるということがあげられます。

 

飲食店の大半は仮に顧客が来なかったとしても材料はある程度の売り上げを見込んで仕入れる必要があるのですが、こうしたサブスクリプションを導入することによって顧客の来店数をある程度予測しやすくなるというのが大きなメリットだといえます。

 

もちろん月額制になったからといって顧客が常時来店するとは限らない為に一見すると食品ロスには影響がないようにも思えますが。言い方を変えれば担保として月額料金を徴収することによって食品ロスによって出る損失を減らせるので店にとっても利が多いと考えられるでしょう。

 

また、こうしたサブスクリプションが浸透している要因としてキャッシュレス化というものがあげられます。現代人はスマホなどのアプリで決済ができるようになったことで現金を持ち歩くケースが減り、様々なサブスクリプションを日常で体験しているためにこうしたサービスに対して抵抗もありませんし、むしろ受け入れられる方向になっていると思われます。

 

今回は、飲食業界における月額制のお話をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか。今後こうした取り組みをする飲食店はより増えるかと思います。皆さんも関心があればこうしたサービスを導入してみてはいかがでしょうか。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

0 コメント