Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




投資も急拡大している人工肉人気のわけとは?

食のあり方が変わっている現代。その中で肉を人工的に作った農畜産商品の代替産業に注目が集まっています。今回は、

・人工肉とはなにか

・なぜ人工肉が注目されているのか

の順に詳しく説明を行っていきます。

 

人工肉とは、牛や豚、鶏などの肉の味や食感を人工的に作り出した加工食品。しかし、実際に作ってみると最初の味はイマイチでした。パサパサしていたり、食感がもっさりしていたり、噛みごたえがゴムのように硬かったり・・・。そこで改良を重ね現在は実際の生肉のような食感と味覚を実現させることに成功したのです。

 

 現在、食肉産業の市場規模は世界で年間7500億ドルと推定されているが、2040年に人間が食するのはほとんど人工肉に変わるだろうと英紙「カーディアン」が指摘しています。その理由として、肉食を減らそうという世界的な流れがあること、欧米を中心に急増しているビーガンが今後日本を含めたアジア全体で定着する可能性が高いからです。

 

 ビーガンは、一般的に卵やチーズ、魚などを含む動物由来のものを一切口にしない人のことで、日本では、絶対菜食者と表現されています。英国では現在ビーガンになる人が急増しています。英ビーガン協会によると2018年は英国の総人口の1.6%に相当する60万人がビーガンでそのうちの42%2018年ビーガンに切り替えた人なんです。首都ロンドンには80近くのビーガン専門レストランがあることからもビーガンの浸透の高さが伺えます。一方日本では食文化の違いからまだビーガンは浸透していませんが、健康に対する危機感や環境問題で今後注目が高まっていくことは間違いありません。

 

 その中で先行しているのはアメリカです。代替肉メーカーの2強と言われているのがビヨンドとインポッシブルです。ビヨンドの代替肉は、アマゾン傘下で500店舗を構えるホールフーズ・マーケットなどが扱っています。一方インポッシブルではバーガーキングやサブウェイを通じて代替肉の提供を行っています。日本の食品メーカーも相次いで参入が始まっています。森永製菓では、社内ベンチャーから立ち上がった孫会社のSEE THE SUNが、動物性の素材を使わない植物性の代替肉ZEN MEATの開発・製造しています。原料の大豆に玄米を加え、食肉とそっくりの食感・味覚の再現しています。

 

 

 健康思考が高まっている現代。日々のお肉摂取を人工肉に置き換え、より健康的に、そして環境にも優しくしていきましょう。

0 コメント

いま話題の大豆ミートが驚くべき効果だった!

いま話題の大豆ミート。大豆を使っているから体に良さそう!と思う方も多いと思います。今回はそんな大豆ミートの驚くべき効果をご紹介します。

・大豆ミートってなに?

・驚くべき効果とは?

の順番で詳しく説明していきます。

 

 大豆ミートとは、大豆からたんぱく質を取り出して肉のように加工した食品のことです。大豆は昔から畑の肉と呼ばれるほど、たんぱく質豊富な食品として知られています。大豆は、日本だけでなく世界的にも注目されている商品なんです。

 

 大豆ミートの驚くべき効果はたくさんあり、代表的な5つご紹介していきます。1つめは大豆イソフラボンが豊富です。大豆イソフラボンは、血流の促進やメラニン抑制作用があり、肌荒れや冷え性に効果的です。それに加え、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあり、バストアップ効果、骨粗しょう症予防に役立つと言われています。2つめに食物繊維が豊富ということです。食物繊維は水分を吸収して便の容積を増やしてくれます。便が増えると、大腸が刺激され排便がスムーズになります。また、腸にたまった汚れも一緒に吸着して排出してくれるので腸をきれいにしてくれたり、一緒に食べたものの脂肪の吸収を抑えてくれます。3つめは高たんぱく・ノンコレステロールということです。大豆ミートはお肉の1.5倍のたんぱく質が含まれています。しかも中性脂肪を下げる働きがあり筋肉をつけ体を締めやすくしてくれます。ノンコレステロールだけでなく、コレステロールの吸収を抑えて代謝を促す大豆サポニンが、食事から摂った余分なコレステロールを体に排出してくれる働きがあるので、大豆ミートを摂取するだけでコレステロール値を下げることが可能です。4つめに長期保存が可能ということです。大豆ミートは、常温で約1年間保存が可能です。常温の状態では乾燥しており食べる時に弱火で5分ほど煮てから湯戻し、水で洗い水を切っていきます。保存期間も長く湯戻しするだけなのでいつでも簡単に食べることができます。5つめに低カロリー・低脂肪ということです。大豆ミートは加工の段階で大豆の油分を圧搾ると、100gあたり411kcalに対し、大豆ミートは、約1/4108kcalです。脂肪の量はなんと1/50です。動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸を体に取り込まなくていいのも健康的です。いつも食べているお肉を大豆ミートに置き換えるだけで大幅なカロリーカットが行えます。

 

 

 魅力がたくさんな大豆ミート。これを機会にあなたのお店のメニューにも取り入れてみてはいかがですか?

0 コメント

海外で話題の「代替肉」が衝撃的の美味しさだった!

レアな焼き加減のハンバーグにかぶりつき、そこから口いっぱいに肉汁溢れる・・・なんて幸せですよね。これは、普通の100%のお肉で作ったわけではなく、代替肉で作られたハンバーグを食べた複数のレポーターが語ったものなんです。代替肉と聞くと美味しさが半減するイメージがありますが最新版は従来の肉パテと比べても劣らない肉肉っぷりでとにかく美味しくなっているんです。今回は、その代替肉の魅力をたっぷりご紹介します。

・代替肉ってなに?

・実際の味は?

の順番で詳しく説明していきます。

 

そもそも代替肉とは何と思う方もいると思います。人間は原始時代から動物のお肉を欲していました。今、野生の動物を狩ることが少なくなり私たちは、畜産業に頼ってお肉を摂取しています。ところが、牛・豚・鶏を繁殖させ、飼育しそのお肉を食肉にしていくのはエネルギー効率が大変悪いです。その上、飼育していく中での地球温暖化に与える影響は大変大きいです。この現状をなんとか打破出来ないかと考え作り出されたのが代替肉なんです。肉の細胞はたんぱく質・脂質・アミノ酸などで出来ていますが、これらの成分を植物から抽出し、食材を人工的に作るようになったんです。

しかし、実際に作ってみると最初の味はイマイチでした・・・。パサパサしていたり、食感がもっさりしていたり、噛みごたえがゴムのように硬かったり。そこで改良されて作られたのが、生肉のような代替肉です。肉の持つ風味等を忠実に再現するにはヘムという物質だったんです。ヘムは血液色素中の物質で主な役割は、血中に酸素を運んでいます。このヘムを大豆の根の部分から抽出し培養することで大豆レグヘモグロビンを誕生させることに成功しました。これが動物独特の匂いやの由来となっています。ヘムを採取し血のような液体を採取し従来の代替肉に混ぜることで実際のお肉に近づいて行きました。

 

 次に実際の味についてです。食リポーターにある実験を行いました。それは、3種類のハンバーグを用意しどれが一番美味しかったと質問するという内容です。1番は、お肉のみで作られたハンバーグ。2番は、お肉と代替肉が半々で作られたハンバーグ。3番は、代替肉のみで作られたハンバーグ。これを3つ食べた結果、驚くことに、3番のハンバーグが一番肉汁が溢れて美味しいと答えたのです。

 

 

 食感・味覚ともにお肉に近づいてきた代替肉。まだ日本ではメジャーではありませんが、気になる方は取り寄せてぜひその味を実感してください!

0 コメント

植物肉を摂取するだけで地球温暖化を防げるってホント?

進行し続ける地球温暖化。これからあるものを摂取するだけで地球温暖化を防げるって知っていましたか?今回は、

・地球温暖化ってどんな状態?

・地球温暖化を防げるあるものとは?

の順番で詳しくご紹介していきます。

 

地球温暖化とは、大気中にある二酸化炭素やメタン、フロンなどの温室効果ガスが増えすぎ、宇宙に逃げようとしていた熱が地表にたまることで気温が上昇していくことです。また、気温を上昇させるだけでなく、「気候変動」を引き起こすと言われています。すでにアフリカでは、気温上昇により農作物の生産性が低下するとともに、病虫害が増加することで食糧不足・気候の変化により生物や水が媒介となるマラリアなどの伝染病の発生する地域の変化や増加することが予測されています。その深刻さから「気候危機」という言葉もつかわれるようになって来ています。

 

そんな中であるものを摂取するだけで地球温暖化を防げるってどういうこと?と思う方もいると思います。そのあるものとは「植物肉」です。

植物肉とは、大豆やこんにゃくなどの植物原料や細胞培養技術によってつくる人工肉のことです。最近では、食感もかなり食肉に近づいていること味も美味しく改良されているため世界的に市場が拡大されています。

 

皆さんは牛肉を摂取するだけで地球温暖化を進行させていることをご存知でしたか?まず牛を育てる牧場を確保するためには多くの森林を伐採することになります。牛を1頭育てるのに1年で17,000リットルもの水を消費しています。更に牛のオナラ・ゲップは二酸化炭素の28倍もの温室効果のあるメタンガスを排出しています。牛肉を摂取するだけでここまで地球温暖化を進行させているなんて恐ろしいですよね。

 

また、植物肉はとても健康的なんです。その理由として、植物肉の原料は、大豆やこんにゃくを使用していることからカロリーが低いことはもちろんのこと、コレステロールがほとんど含まれていないことが明らかになっています。つまり食肉から植物肉に置き換えるだけで体に優しくダイエット、食肉を摂取することで発症のリスクが高まると言われている心臓病、糖尿病、がんのリスクを抑えることができます。

 

動物たちは私たちと同じ一つの命をもって生きています。植物肉に置き換えることで罪のない動物を殺さないで済むのです。

 

 

初めは味に慣れるまで時間がかかるかもしれません。しかし、摂取するにつれて味にも慣れていきます。少しずつ植物肉に置き換えて健康的で環境に優しい生活をしていきましょう。

0 コメント

九州電力がレタス工場を計画している件

西日本新聞で掲載されていましたが、近い将来に私たちが口にするレタスが無農薬になるかもしれないというものがありました。というのも九州電力が世界最大規模の水耕栽培のレタス工場を作るという計画があるそうです。

レタス工場は福岡県豊前市の豊前発電遊休地というところで、2021年には完成予定とのことです。すでに2022年には出荷が可能な状況となるとのことです。この規模の大きさですが、約1万2千平方メートルといわれており、東京ドームの4分の1ほどの大きさになるとのこと。

こちらは密閉空間でLEDと人工水を使って水耕栽培するので、害虫の心配はいらないので、農薬を使わなくても良いとのこと。

ほとんどのことは自動化するとのことで、従業員もこの規模に対して80人程度で構わないので人手不足にもきちんと対応しています。この工場が事業化するかどうかということはまだ計画段階で、来年の3月ごろに最終決定が下されます。

この工場が実現すれば、レタスの安定供給はもちろんのこと、もやしのように格安で提供できる可能性もあるために夢が広がります。災害などで多くの野菜が影響を受ける中、こうした野菜工場なるものが今後できていく可能性はあるでしょう。

というのも「食」は我々、人類にとって欠かせないものであり、今後、様々な気象状況などにより、安定した供給が危ぶまれています。これらを農業従事者だけに任せておくのではなく、大企業や国が真剣に考えていかなくてはならない問題でもあります。

世界でみれば人口は増えているものの、日本だけでみれば若年者の人口減少は著しく、人手不足は否めません。その中でオートメーション化、AIを用いるなど様々な工夫がなされていくことは予想できます。

こうした取り組みが少しずつ増えていくことで、近い将来訪れるであろう、食糧難の時代に備えていこうというわけです。レタス工場も先に九州電力が行うことで、他の電力会社や、他の大手企業などが参戦する可能性もあります。

そのようになれば、価格競争なども行われるようになる可能性もあり、より安く野菜を手に入れられる日もくるのではないでしょうか。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

0 コメント