Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




女性向けメニューを考える時におすすめの野菜は?

最近のカフェや食堂では、女性向けのメニューが多く販売されています。中でも、色の配色が良いものだったり、美容に良いものだったりなど、女性に嬉しい素材を使ったメニューが人気です。

 

今回は、新しく女性向けメニューを考えたいという飲食店の方に、おすすめの野菜やメニューの考え方を紹介します。新メニューの開発に悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

女性向けで人気メニューの特徴は?

 

女性向けのメニュー考える際に、まずは人気メニューの特徴を知っておきましょう。

 

女性に人気のメニューを入れながら、飲食店の雰囲気に合わせたメニューの開発をするのがおすすめです。

 

写真映えしやすいワンプレートメニュー

 

1つのプレートに、ご飯やメイン、サラダを乗せたワンプレートメニューは、女性向けのメニューとして人気が高いです。ご飯は丸くつくったり、サラダには紫オニオンやパプリカなど、色とりどりの素材を使うのがおすすめです。

 

お肉や魚など、メインは価格に合わせて日替わりにすると、人気が出やすいです。

 

安全性の高いオーガニックメニュー

 

有機野菜と呼ばれる野菜を使ったオーガニックのメニューも女性に人気が高いです。オーガニックの野菜は安全性が高く、美味しい野菜を健康のために食べたい!と考える女性は多く、支持されています。

 

通常の野菜に比べて、オーガニックの野菜は少し価格が高いので価格設定を上げましょう。



ヘルシーなダイエットメニュー

 

豆腐や納豆などの大豆を多く使ったものや、卵や鶏肉などのタンパク質が多く取れるものなどのダイエットメニューも人気です。最近では、糖質ダイエットをしている人が多く、糖質を控えて作られているメニューは売れやすいです。

 

糖質の高いニンジンやジャガイモは避けて、色とりどりの野菜を中心に飾り付けるのがおすすめです。



女性向けメニューでおすすめの野菜は?

 

女性向けメニューを考える際に、おすすめの野菜を紹介します。



アボカド

 

ビタミンやミネラルやカリウムなど、栄養素が豊富で人気の高い野菜です。健康にいいだけでなく、食べた時の食感も美味しいと女性に人気が高いです。サラダにアボカドを乗せたり、海鮮との組み合わせにも使えます。



トマト

 

みずみずしく色合いも綺麗なので、女性向けのメニューには欠かせない野菜です。トマトカレーや、トマトのサラダ、トマトのピザなど、トマトを取り入れたメニューは考えやすいです。甘味のあるものはスープ、酸味のあるものはパスタなど、トマトを使い分けましょう。

 

玉ねぎ

 

玉ねぎは、カロリーが低く、血液をサラサラにしてくれる効果がある野菜です。スープに入れたり、サラダに乗せたりと、どの料理にも合わせやすい点が人気です。


まとめ

 

ダイエットや美容のことを気にしながら美味しいものを食べたい!と考えている女性はとても多いです。女性向けのワンプレートランチだったり、ヘルシーメニューは、気にせず食べられるのが魅力です。

 

飲食店で新しいメニューを考えたいと思っている方は、女性向けのメニューを作ってみましょう。

0 コメント

オーガニックの野菜とは?普通の業務野菜卸との価格の違いは?

カフェを始めとした飲食店では、オーガニック野菜を使用したメニューが注目を集めています。オーガニックの野菜とは、有機野菜のことで化学肥料や農薬を一切使用していない野菜のことです。

 

安全性の高さや、美味しい野菜に仕上げられる点から、最近ではオーガニックの料理を支持する女性が多くいます。今回は、オーガニック野菜と無農薬の違いや、普通の業務用野菜卸との価格の違いを紹介します。

 

無農薬野菜(特別栽培農産物)とは違うの?

 

オーガニックの野菜と無農薬野菜とは違い、無農薬野菜は生物農薬や微生物農薬を使って作られる場合もあります。安全性が高い農薬を使用しているので、無農薬野菜を中心に業務用野菜卸をしている店も多いです。

 

現在では、無農薬野菜は特別栽培農産物と記載されて売られています。有機野菜と比べると、微量ではありますが農薬を使っていることがあります。



オーガニックの野菜の価格は通常の野菜よりも高い?

 

オーガニックの野菜は、時間と手間がかかっているので、通常の野菜よりも価格が高いです。通常の野菜卸では、キャベツ1玉あたりが200円以下なのに対して、オーガニックの野菜は400円前後と2倍以上の価格になります。

 

価格が張る分、飲食店のメニューに取り入れるには、メニューの価格も上がってしまいます。



業務用野菜卸の場合は安く仕入れられる?

 

業務用野菜卸を行っている業者と同じく、オーガニックの野菜を専門に扱っている業務用野菜卸の業者も多いです。オンラインで注文ができたり、鮮度の高い野菜を朝一で配達してくれたりと通常の業者用野菜卸と変わりません。

 

少量ずつ購入するよりは、業務用で野菜卸を使用した方が安く仕入れられます。業者によって変動するので、対応している配達地域や野菜の種類、価格によって業者を決めるのがおすすめです。



オーガニックの野菜を取り入れたメニュー

 

飲食店で新しくオーガニックのメニューを取り入れたい!という場合は、オーガニックの良さを生かしたメニューがおすすめです。オーガニックの野菜は、えぐみがなく、スッキリした後味が特徴的です。

 

生で食べられるものや、野菜の味が感じられるスープなどに使用している飲食店が多くあります。また、価格の変動が気になる方は季節に合わせて季節の野菜を取り入れたメニューを出すようにするとコストが抑えられます。



まとめ

 

安全性も高く、栄養素も効率よく摂れることからオーガニックの野菜は、最近では特に注目を集めています。飲食店も、オーガニックを中心にしたメニューを出しているお店も多く女性に人気が高いですよね。

 

オーガニックの野菜を取り入れたメニューを考える場合、野菜卸の価格とメニューの価格をしっかり考える必要があります。季節や景気によっても変動するので、野菜の量や使う野菜の種類をしっかり考えましょう。



0 コメント

季節によって野菜卸の価格は変わる?メニューは変えた方がいい?

飲食店では、年中定番のメニューを販売しているお店と期間限定のメニューを販売しているお店があります。今回は、季節によって野菜卸の価格はどれくらい変わるのか、価格に合わせてメニューは変えた方がいいのか?を紹介します。

 

野菜卸のコストを少しでも節約したい方や、メニューの変更に悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

季節によって野菜卸の価格はどれくらい変動する?

 

野菜卸の価格ですが、業務用と通常どちらも比べても季節によって変動します。いちごやメロンなど、フルーツ系の価格は特に変動が激しい傾向にあります。種類は、キャベツやねぎなどの葉茎菜類、きゅうりやトマトなどの果実類、だいこんなどの根菜類、いも類に分かれます。

 

業務用の野菜卸、通常の野菜卸ともに、大体価格の上昇や低下は同じです。例えば、キャベツは10月あたりの最安値は90円前後なのに対して、最高値は1玉400円前後と300円も高くなります。

 

飲食店の場合は、まとめて仕入れをするので1個あたりの単価が高いと、赤字が続く結果になり大きなダメージになりますよね。

 

環境によって変動することもある

 

災害が続いたり、雨が降らなかったりなど、環境によって価格が変動します。夏は、基本的に野菜の価格が安くなりますが、実りが悪いと例年よりも野菜卸の価格が高くなります。また、景気によっても野菜の価格が変動するので、日頃から野菜の価格をチェックしておきましょう。

 

例年に比べて野菜の入荷が少ない場合も、1個あたりの野菜の価格は高くなるので注意です。

 

飲食店のメニューは変えた方がいい?

 

定番のメニューを飲食店で出している場合は、価格が少し変動しても同じものを出すという飲食店が多いです。野菜の中心のメニューの場合は、季節の野菜に入れ替えたり、コストの安い野菜を中心に使うのがおすすめです。

 

いちごやメロンなどの価格高騰が目立つ果物の場合は、季節限定のメニューに変えるなどの工夫をしましょう。高い価格のまま仕入れて、利益が出ないとなるとお店も苦しいのでメニューは工夫が必要です。

 

季節に合わせて価格を上げたり、量を変えたりと同じメニューでも工夫は可能なので、色々試してみてください。特定の食材を使っていて、どうしてもメニューの変更ができない場合は、他のメニューの価格や量調整を行いましょう。

 

まとめ

 

今回は、野菜卸の価格の変動や、メニューの変更はした方がいいかどうかを紹介しました。メニューの材料である野菜の価格は、変動するとお店の利益に関わります。利益がしっかり出るように、野菜の価格に合わせてメニューを変更するのがおすすめです。

 

また、新メニューを開発する際も野菜の価格を見ながら作るのも良いです。野菜卸の際は、野菜の価格を常にチェックしておくようにしましょう。


0 コメント

業務用野菜卸と通常の野菜卸の違いは?

飲食店を経営する際に、毎朝の野菜卸は必須の作業ですよね。近くのスーパーや、市場などで野菜卸をする場合もありますが、大量の野菜を使用する際はコストがかかります。大量に発注する場合は、業務用の野菜卸を実地している業者を選ぶのがベストです。

 

今回は、業務用野菜卸と通常の野菜卸の違いを紹介します。

発注方法の違い

 

通常の野菜卸は、市場に行ったり、契約している業者から決まったものを配達してもらうシステムです。飲食店の場合、毎日使用する野菜が決まっている場合が多く、ルーティーン化している飲食店が多くあります。

 

一方、業務用野菜卸の場合は、数日分をまとめて発注する場合が多いです。モバイル発注や、大きな業者からの発注の場合は、他の飲食店とまとめて発注される場合が多くあります。

 

配送方法の違い

 

業務用野菜卸の場合は、基本的にはモバイルや電話で注文し、配達して貰うという流れです。一方通常の野菜卸は、市場や近所のお店から届けて貰ったり、買い付けに行くという流れになります。時短をしたい場合は、業務用野菜卸を利用するのがおすすめです。

 

市場の近くの飲食店などは、通常の野菜卸の方が鮮度の高い野菜を使えます。

 

野菜の状態チェック

 

業務用野菜卸は、指定された野菜を大量に仕入れることでコストを下げるという作業になります。なので、自分で野菜の状態を細かくチェックすることはできません。

 

丁寧に検査された野菜が販売されているのは当たり前ですが、自分の目で見て選びたい!という方は通常の野菜卸の方がおすすめです。生野菜を使うもの、野菜の味が大切なものは、目で見て選びたい!という思いの飲食店オーナーも多いのではないでしょうか。

 

コストの違い

 

欲しい分だけを注文する野菜卸は、小ロットから注文できる点がメリットですが、業務用野菜卸と比べてコストが高いです。業務用野菜卸は、まとめて注文することで、コストを削っているので1個あたりの野菜を安く買えます。

 

小さな飲食店は、一度に大量の野菜を卸すと腐ってしまいます。小さな飲食店の場合は、共同で野菜卸をしている業者を探すと、通常の野菜卸のように小ロット、低コストで仕入れができるのでおすすめです。

まとめ

 

今回は、通常の野菜卸と業務用の野菜卸の違いについて紹介しました。コストが安い業務用野菜卸、ルーティーン化しやすく自分の目で野菜が選べる通常の野菜卸とどちらも良いところがあります。

 

飲食店によっては、業務用野菜卸と通常の野菜卸を分けて使っている方もいます。自分にぴったりの野菜卸の方法を見つけてみてくださいね。

 

0 コメント

モバイル発注の野菜卸って便利?気になる情報を徹底解説!

野菜卸の際に直接お店に行ったり、配達サービスを利用する飲食店も多いと思います。「卸売は、毎日の繰り返しなのでモバイルで注文できたら良いな」と思ったことはありませんか?最近では、モバイル発注で野菜卸を行っている飲食店が多くあります。

 

新鮮な野菜がモバイルで簡単に発注できるので、野菜の卸売作業の時短ができます。今回は、野菜卸のモバイル発注のメリットや流れについて紹介します。

 

モバイル発注のメリットは?

 

最初に、モバイル発注のメリットを紹介します。空いた時間に野菜卸ができる直接市場に行ったり、配達業者との検品をする必要がないので、空いた時間に野菜卸ができます。スマホ1つで作業ができ、場所を選ばず野菜卸ができる点がメリットです。

 

コストが安い飲食店ごとに野菜卸をするのではなく、グループとの共同仕入れを行っている場所が多く、コストが安い点もメリットです。仲介業者の手数料を入れても、安い価格で野菜が仕入れられます。

 

本来なら高価である、カット野菜も安く買えるのでおすすめです。

 

モバイルのデメリットは?

 

モバイルのデメリットは、配送されるエリアが指定されている点です。東京や大阪など、都心部のお店の場合は、対応している業者が多いですが、地方だと対応業者が少なくなります。

 

最近では、全国配送が可能な業者も増えているので、配達エリアを確認できれば特にデメリットはありません。 モバイル発注の流れは?次に、野菜卸のモバイル発注の流れについて紹介します。

 

スマホから欲しい野菜を発注する

 

利用するモバイルのサイトによりますが、サイトから欲しい野菜を発注します。会員登録が必要な場合は、事前に登録しておきましょう。取り扱っている野菜は、季節のものやオーガニック野菜など種類が豊富です。

 

注文前に、自分の飲食店が配達可能エリアに入っているかどうかも確認しましょう。 サイトによっては、専用アプリがあったりLINEが使用できるものもあります。

 

カット野菜

 

始めから野菜の下処理が終わっていたり、カット加工がされている野菜も注文できます。加工済みの野菜が最初から届くので、すぐに調理に取り掛かれる点も利点です。発注したらあとは配達されるのは待つだけ発注が終わったら、配達される野菜を待つだけです。

 

その日中に届くので、先ほど発注した履歴をスマホで見ながら検品作業ができます。市場に直接野菜卸に行ったり、配達業者と一緒に検品する作業も時短できるのも魅力です。

 

まとめ

 

日頃から野菜卸に時間が取られてしまっていたり、安く済ませたいと思っている飲食店の人は、モバイル発注がおすすめです。モバイル発注は、実際にお店を持たなかったり、グループで共同の仕入れをしており、コストも安く済ませられます。

 

また、下処理やカットがされている野菜はすぐに調理が始められるので、料理の時短にもなります。 野菜卸の業者を変えようと思っている方、野菜卸の時短をしたい!という方は、参考にしてみてください。

 

0 コメント