Jimdoを使って簡単にホームページを作成


Jimdoヘルプページがお悩みを解決します

 

Jimdoヘルプページでは、Jimdoの簡単な操作方法を解説をはじめとして、 各種トピックやヒント、JimdoProJimdoBusinessへのアップグレードへの詳細なご案内などご案内しております。

 

より本格的なホームページは


 

JimdoBusiness: 進化する最高プラン

 

Jimdoのすべてがここに:JimdoProの全ての機能に加え、ショップ機能では商品掲載が無制限に。さらに日本独自機能の “モリサワ” フォントを追加。機能面、デザイン面、サポート面でも最高のプランです。




集客効果とメニューは無関係ではない?ヘルシー野菜が店を変える

飲食店を経営するにあたって「集客」は大切になってきます。いくらお店を綺麗にしようが料理を美味しくしようが肝心のお客さんが来なければ話にもならないでしょう。皆さんもご存知のとおり現在は空前の健康ブームです。

 

欧米食が流行り、大腸がんなどが日本でも見受けられるようになり健康状態を心配する多くの方々がヘルシーメニューを意識しはじめています。特に女性はそのあたりにシビアです。というのもテレビで見かけるような女優さんなどの芸能人が基本的に痩せ身ですので同じようになりたい、同じ服がきたいというとそうせざるを得ないのです。

 

また、近年インターネットが普及したことで直接的な人とのかかわりは減ったもののSNSなどで人に触れる機会は増え、人と直接かかわる事が多かった時代よりも現在の方が圧倒的にストレス社会といわれています。

 

ストレスを発散するには人それぞれ趣味や何かに打ち込んでリフレッシュできるのが一番ですが、食事からして見直していく必要があります。食事は人間にとって安らぎの時間であることはいうまでもありません。

 

そんなあ安らぎの時間を与えることがストレスの軽減につながり、健康につながり、結果集客へとつながっていくために、ヘルシー志向メニューの考案は飲食店経営において無視できないこととなっているのです。

 

一般的に疲労回復には豚肉やうなぎが良いとされています。これは豚肉やうなぎに含まれるビタミンB1が人間の疲労回復に大きな効果をもたらすからと言われています。リラックス効果のある大豆や卵などもいいですね。

 

しかし、これらはストレスを感じてしまった後に摂取するものにほかなりません。普段からのストレスに対して抗うためには抗ストレス効果の高いビタミンCをとるしかありません。ビタミンCはご存知の通りキウイやレモンといった果実に多く含まれます。

 

飲食店ではこうしたものをバランスよくとれるメニューが考案されることが望まれています。もし、メニューを考案することができなくとも、フロアのスペースにサラダバーを設置するだけでも人は自然と集まるでしょう。

 

確かにサラダバーを導入するとなると余計なコストがかかってしまうのではないかという心配をされる方もいるかと思います。しかし、サラダバーは基本的にはお客さんがセルフで席に食事を持っていくためにフロアのスタッフの数がいりません。これはバイキングでも同じですね。

 

東海地方を中心に展開するある飲食チェーンではサラダバーを導入することで集客をあげ、さらに食前にサラダバーを提供することで顧客の満腹中枢をあげ、顧客の回転率をあげ、それが結果売り上げに反映されるという成功例もあります。

 

とにもかくにもヘルシーメニューに対する顧客の関心は表面上だけでなく深層心理に働きかけ、結果的にリピーターを生むというのが結論です。集客は難しいですが、こうしたところから改善すると繁盛店になるやもしれませんね。

0 コメント

メキシコ産のアボカドの消費が国内で伸びている?麻薬組織との繋がりの真相

アボカドはビタミンやミネラルが豊富な果実で別名森のバターとも呼ばれています。近年では栄養価の高さも注目されているために日本国内での消費量も伸びている傾向にあります。しかし、日本では栽培している都道府県が現状では愛媛県の松山市しか存在しないためにその多くを輸入に頼ってしまっています。

 

では、どこから輸入しているかはご存知でしょうか?アボカドの輸入は基本的にはメキシコ産を輸入している事が多いです。2016年の調べにはなりますが、その輸入量は約7万トン、額にして約210億となります。

 

次いで、アメリカ、ニュージーランド、ペルー、チリなどからも輸入していますが、見ての通り南米を中心に輸入に頼ってしまっているといった状況です。別に輸入に頼る事は悪い事ではないのですが、実はメキシコ産のアボカドを日本国民が消費することがメキシコの麻薬組織を潤すことに繋がっているという噂があるのです。

 

麻薬を製造したり売買する組織の事をカルテルというのですが、本来はカルテルは麻薬を売買することで利益を得て、ギャングたちと密接に関わりながら武器などの密輸も行っているのですが、組織には資金が必要という事でメキシコ産のアボカドの輸入が頻繁になったころからアボカドに目をつけていました。

 

輸出ビジネスとしてメキシコで成功したアボカドの輸出業者はある時を境にギャングや麻薬カルテルに脅されるようになりました。その脅し方というのは金を払えばアボカドの栽培の邪魔はしない払わなければ全て焼き尽くすという最低なものでした。

 

アボカドの輸出業者は当然、焼き払われては困るので金を麻薬カルテルやギャングに横流しすることになったのです。こうして100億以上の金が麻薬カルテルに流れるようになったのですが、そこは輸出業者も黙ってはいられないということで自衛組織を作って応戦しました。これは2010年以降の話です。

 

その結果、輸出業者に対する阻害活動はなくなり平和になりかけたかにみえました、しかし最近になって麻薬カルテルが輸出業者に接触してまたゆすりはじめているというのです。業者は国からの税金と麻薬カルテルに支払うお金と二重苦に悩まされています。

 

外国産の果物や野菜を輸入する背景にはこのような事実があったりとします。どう考えるかは人それぞれですが、こうした輸入に頼らずともということで愛媛県もアボカドの生産をしているのです。一日でも早く、輸出業者に平和が訪れるのが一番ですし、日本も国産の果実や野菜を多く作れるようになると良いですよね。

 

 

0 コメント

健康を意識したメニュー提供にどの程度の飲食店が関心を持っているのか

飲食店経営をするにあたって今の時代は顧客の健康志向も強いために健康を意識したメニューを取り入れるということも重大であるということは言うまでもありません。しかしながら、具体的にどの程度の飲食店が健康を意識したメニューを取り入れているのかなどはご存知の方は少ないのではないでしょうか?

 

実は、こういったことを調査した前例というものがあります。飲食店経営者の方々の中にはご存知の方もいらっしゃると思いますが、「飲食店リサーチ」というサービスが存在しています。こちらはその名の通り飲食店に特化したリサーチサービスです。

 

このサービスは株式会社シンクロ・フードと呼ばれる東京に本社をおく会社によって運営されているのですが、2018年5月1日~2018年5月9日の間に247名もの飲食店経営者を対象にアンケート調査を実施したのです。

 

その結果、提供する食事の安全性を配慮していると答えた経営者は92.3%いました。食の安全性に配慮する事など当然といえば当然ですが、逆にいえば7.7%は配慮していないということになりこれは大変恐ろしい事です。

 

そして興味深いのが健康に特化したメニューをお店で提供しているか否かというアンケートがあったのですが、こちらに提供していると答えた経営者が42.5%おり、これが集客に役立っていると感じた経営者がそのうちの7割を占めているというのです。

 

つまりこの結果が示すものは健康に特化したメニューの開発は大いに集客に効果があるということでもあります。健康を意識するのならば欠かせないものといえば野菜なわけですが、こういった野菜にもこだわりを持つ経営者も増えています。

 

顧客自体が安さを求める顧客と、高くても健康に良いものを求める顧客と二極化しているために一概にターゲットを絞るというのは難しいのですが、どのみち飲食店経営をしている以上、最低限は顧客の口にいれるものにも責任を持ちたいと考えている方は増えてるんですよね。

 

そこで野菜に求められるものは、無農薬であることであったり国産であったりするほうが良いとの見方もあります。しかし、過去の記事でも紹介している通り現在では国産と外国産の品質の差というものは徐々になくなってはきています。

 

それでも飲食店を経営する大手チェーンなどでは食材の産地を顧客に伝えるといったことが日々行われてきています。その理由はやはり顧客が産地そのものを意識するほどシビアな人が増えているという現状にあります。

 

こうした背景にあわせてコスト計算などもしながら飲食店経営を行っていくことはこれからの時代は望ましいと言えるでしょう。皆さんも健康を意識したメニューをとりいれて集客にいかしてみましょう。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 全国100以上もの青果卸から価格を一度に比較して最安値の業務用野菜を仕入れ

 

 

0 コメント

仕入れ価格

飲食店のメニュー開発担当者さまの悩みのタネ。
それはメニューの原価に直結する食材の仕入れ価格にあるのではないでしょうか?
「長いお付き合い」や「近所のため融通が効く」ことから現在の業者をご利用ではありませんか?もちろん、それもアリでしょう。

しかし、1歩後ろに下がって見てみると、飲食店業界に限らず仕入れ業者の選定をするということは当たり前のことで多くの経営者さまは見積もりをとった上で取引先を決めていらっしゃいます。

「そうはいっても、大きな工場でもあるまいし毎日の細かい発注にいちいち相見積なんて取ってられないよ!」と考える経営者さまもいらっしゃると思います。それはごもっともなご意見です。

では、飲食店経営者は一般家庭と比べて仕入れ量が多いにも関わらず、
八百屋や肉屋や魚屋の言い値で仕入れをするべきなのでしょうか?
答えはNO(ノー)!です。

我が社は、相見積の最安値をお出しできます。
最近は一般家庭でも当たり前になってきた、食材の宅配サービスをイメージしていただくと、わかりやすいかもしれませんね。
契約の卸業者より、当社が相見積をとり店舗の経営者であるお客さまに商品を提供させていただくサービスです。

毎日数十円の違いかもしれません。
しかし、原価率30パーセントと言われる飲食業界での数十円は大きいですよね。

聞いたことありませんか?
飲食店が開業後2年で潰れる割合は50パーセント。

その理由の一つに、日々の「どんぶり勘定」も挙げられるそうです。
馴染みの取引先だから...と鷹を括っていると痛い目を見るのはご自身かもしれません。

まずはお問い合わせください!
https://www.apconsulting.jp/お問合せ/

0 コメント

飲食店経営者必見!?食材ロスを出さない方法

飲食店を経営されている方は食材ロスを経験したことがあるはずです。食材ロスとは食べ残しや仕込みすぎなどを原因として食材がまだ食べられる状態なのにも関わらず廃棄処分されてしまうといったことになります。

 

こうした食材ロスはお店の利益にダイレクトに影響を及ぼしてしまうので、飲食店経営をなさっている方は頭を抱えている方も多い事でしょう。食材ロスは野菜に限った事ではありませんが、野菜が食材調達の多くを占めるといった店舗もあるので野菜の食材ロスは特に問題です。

 

ちなみにこの食材ロスというのには大まかに4種類のロスが存在していて、オーダーミスやテーブルに届けるまでに落としてしまったというスタッフによるミスで起こる完成品ロスや、常連客に過剰サービスをしてしまうことで起こる過剰サービスロス、分量を間違えて多くしてしまうオーバーポーションロス、理由がわからないのになぜかロスしている理由不明ロスがあります。

 

こうした食材ロスを防ぐことは飲食店の利益に繋がるので、是非とも対策をしていきたいところですが、野菜のロスを防ぐためには何ができるかというのは考えておりますでしょうか?野菜のロスを防ぐには次のようなことがあげられます。

 

・高いときには多く仕入れない

・仕入れ業者から情報を常に収集する

・天候の影響などが野菜の価格にはダイレクトに響くのでニュースをチェックする

 

当たり前のようなことですが、このような事を少しでも意識するだけでも利益は確実に変わっていきます。できれば、食材を使える期間内に使い切ってしまう分量を発注するというのが理想ですが、いざお客さんがきたときに食材が足りなかったから帰ってくださいというのは違うので難しいところですよね。

 

ですので、利益を守るには余らせてしまった食材を有効活用するというのも必要になってきます。出来る限り食材を使い切ってしまえるような食材ロスを防ぐメニューの考案もこうした対策には必要になってきますね。

 

野菜を使い切ってしまう誰にでもわかりやすいメニューとしてはカレーライスやチャーハン、八宝菜、野菜炒めなどが存在します。他にも探せばもっと出てくるとは思いますが、それはまた別の機会に紹介させていただいこうかと思います。

 

今回は食材ロスを防ぐ方法をお話させていただきましたがいかがでしたでしょうか?食材ロスを防ぐことは飲食店経営において利益に影響が出る重要なことだとわかりました。少しでも利益を出すためにこうしたことには注意していきたいところですよね。最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

全国100以上もの青果卸から価格を一度に比較して最安値の業務用野菜を仕入れ

0 コメント