植物から人工で作る「大豆ミート」などの代替肉

このページでは、地球温暖化に影響がある、温室効果ガスの排出が多い、畜産の牛の消費を減らし、大豆などを含む植物から作る、代替肉を紹介します。このサイトでは、業務用野菜や植物から作る人工肉のご紹介をしています。

代替肉は、最近開発が進んでいる人工肉、植物肉、ベジミートなどと呼ばれる植物由来、植物が原料のお肉で最近話題の食材で、製造・発売が増え、市場も成長しています。

正しい情報を得て、食生活によって排出する温室効果ガスを減らすようにしましょう。代替肉は温室効果ガスの排出を低く抑える環境保全効果の高い植物性食品です。

また、ヴィーガンの方でも肉の食感を楽しむことが出来、毎日の献立に代替肉を入れることで、食卓のバリエーションを増やすことが出来ます。

健康的なlife-styleと環境を両立できる優れた植物肉をお届けします。ビジョン・ミートの商品を是非ご利用下さい。

CO2の排出量

地球温暖化の原因は二酸化炭素

産業革命以降、世界で二酸化炭素の排出が増加し続けて、二酸化炭素の影響で地球の温度上昇が続くのが、「地球温暖化」です。地球温暖化が起こるのは、太陽から降り注ぐ光は大気を素通りして、地面を暖め、その地面から放射される熱を温室効果ガスが吸収して、大気を暖めるからです。地球温暖化は海水面の上昇で国土が水没する危機に瀕しているキリバスや、日本でも近年の自然災害は地球温暖化と関連して記事になったりニュースで語られています。海水面の上昇は2100年まで、最大82cm上昇すると予測されて問題になっていて、解決しないといけない優先順位の高い環境問題です。私たちが身近な食事で出来る環境対策を解説します。

二酸化炭素は年間323億トンも排出される

温室効果ガスとは、二酸化炭素、メタン、一酸化炭素、フロンガスなどがあり、二酸化炭素は全体の75%を占め排出量は年々増え、年間約323億トン以上も排出されていると報告されていて、近年は高水準が続いています。最新のデータではさらに排出量が増えている可能性があります。日本は世界で5番目の排出国です。他の温室効果ガスも入れるとさらに排出量は多くなり環境問題に深刻な影響を与えています。

このまま二酸化炭素の排出量が増え続けると、近年メディアで報道されているように、記録的な豪雨で水害が多発したり、猛暑日が増えて、記録的な暑さの記録が年々塗り替えられる可能性もあり、人類の絶滅の危機にも瀕する恐れも懸念されているので、とても緊急性が高く、全世界で地球温暖化対策が求められる理由です。

15億頭いる牛の二酸化炭素やメタンガスの排出量は大量

農業・畜産で排出される温室効果ガスの最大の排出は牛です

二酸化炭素は、火力発電が最も多いのですが、もう一つの背景として、農業や畜産でも電力と同じくらいの排出があります。畜産で排出される温室効果ガスは世界で飼育されている、2014年のデータでは、14億7千万頭いると言われる牛たちによる二酸化炭素や腸内ガス(メタン)が最大の要因となる温室効果ガスで、私たちが日々食べている動物の食肉が環境問題に悪影響を与えているのです。工場の煙突から排出されるガスも多いように思いますが、このような企業の事業活動から排出される温室効果ガスよりも、畜産で排出される温室効果ガスの方が多いのです。世界の人口がこのまま増え続け、それに伴って畜産で排出される二酸化炭素が増えると、地球温暖化はさらに加速して平均気温も高くなってしまいます。そうなる前に出来るだけ早い対応が必要です。

食品が環境に影響を与えていると言う認識はあまり無いかも知れませんが、地球温暖化が叫ばれている中、電力と同等の温室効果ガスを農業・畜産業が排出していることら目をそむけずに、しっかりと見る必要があります。最低でも今の環境を未来の世代に受け渡すために、出来ることから始めましょう。

温暖化のリスクを防ぐには、大豆ミートなどの植物肉を食べること

地球温暖化を抑制するには、大豆ミートに代表される植物肉を食べれば良い

地球温暖化には、とても大きなリスクがあり、多くの種の絶滅や世界の食糧生産が危険にさらされるリスクがあります。では、私たちは何をすれば良いのでしょうか?私たち消費者が出来る身近な温暖化の解決策として私たちが出来る方法は、毎日の献立に牛肉や豚肉を使わず、最近市場にも出回り参入企業や製造業者も増え、注目されている、大豆ミートなどの植物肉を食べることです。食材として牛肉などの畜産品を使えば使うほど、温室効果ガスの排出を増やすことになります。地球温暖化のリスクに対してはあまり時間の猶予が無く、出来るだけ早く私たちの食生活を変えることが本当に大切です。食文化の欧米化で、畜産品の消費が増えていますが、個々人のlife-styleを変えることから環境対策が大きく進み、温室効果ガスの排出を少しでも低く抑えることが出来ます。地球で生活する人々が植物肉を利用することが地球温暖化対策が成功するかどうかの鍵を握っているポイントとも言えます。こうした脱畜産が環境対策の支援になるのです。

植物肉が注目されるもう一つの背景は、世界的なタンパク質不足です。日本では少子高齢化で将来の労働力人口減少が問題になっていますが、世界的には、発展途上国の人口増加に伴って、動物性のタンパク質では人間が消費する分の供給が追い付かなくなることが予想されているのです。なぜ、牛では動物性たんぱく質の供給が追い付かなくなるかと言うと、畜産の牛は、大量の植物を消費しますが、一説によると牛が消費した植物のタンパク質の1/4しか肉のタンパク質になっていないとのことで、肉からタンパク質を摂取するよりも、植物からタンパク質を摂取した方が効率が良く、世界的なタンパク質不足対策になるのです。

大豆ミートなどの人口肉をメニューに入れ、食習慣を変えましょう

通常の食習慣を変え、意識して牛肉や豚肉など動物性食品の使用を止め、植物を素材にして人工的に作られる新たな加工食品の肉をメニューに追加するようにしよう。そうすることで美味しい食事を食べながら地球環境の改善に貢献することが可能です。植物肉を毎日の暮らしの中の食事の材料として用いることは、私たちが実際に出来る地球温暖化対策として、とても優先度の高いもので、温暖化問題を解決させる力を持っており、温暖化の救世主となる期待が持てるものです。私たちと一緒に植物肉入りのメニューをいつも加え、健康と合わせて地球環境に優しい食習慣に変えましょう。肉に比べても栄養バランスの良い人口肉を使用する食生活に変えましょう。畜産で生産される肉が不要になれば、地球温暖化対策としての貢献も大きなものになります。私たちの次の世代にも安全に暮らせる地球環境を引き継げるようにするのは、今の世代が一緒になって取り組む必要のあることで、植物肉を使用する食生活に変えることは、地球環境を維持する上で意味のある行動です。

植物肉とは、大豆やこんにゃくなどの植物から作るた大豆ミートなどの人工肉です

植物肉とは、大豆やこんにゃくなどの植物から作られる代替肉です

大豆やニンジン、エンドウ豆、小麦などから作る人工肉は、牛肉の代わりとして、ヘルシーで低カロリーで脂質も少なく高たんぱく、例えば大豆ミートは、牛の肩ロースで比べると、100g当たり411kcalに対して、大豆ミートは108kcalです。大豆は「畑のお肉」とも呼ばれ、良質なタンパク質が多く、身体を作る重要な栄養素など多くの成分を含んでいます。ベジタリアンなどの菜食主義者でも肉の食感を楽しむことが出来るので、最近人気の大豆のお肉です。大豆は「畑のお肉」と言われ、たんぱく質・ビタミンB群・鉄分・食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいて、コレステロールの取り過ぎが気になる人向けにも最適です。大豆ミートは、ダイズの油分(脂肪)を圧搾して作られるため、含まれる脂質の量がとても少なく、コレステロールフリーで、たっぷり食べても肥満などの心配なしで、美味しい料理を安全に楽しめます。さらにグルテンフリーなので、小麦グルテンの摂取を控えている人にも安心です。また、タンパク質が多く、低脂肪なので、脂肪を抑えて、筋肉や臓器を強くしてくれます。

また、糖質が気になる方にも、植物肉は低糖質なので健康にもよい食材で安心です。

環境にも、健康にも効果のある植物肉

環境にも、健康にもメリットがある植物肉

大豆ミートなど植物を原料にした植物肉には、ミンチ(ひき肉)タイプやブロックタイプや乾燥した「ソイミート」を水やお湯で戻して調理するタイプなどい色んなものが販売されています。「ミート」の名前の通り、見た目も食感や味も使い方も「お肉」とほとんど同じです。植物肉を使ったレシピもたくさん公開されているので、唐揚げにしたり、ハンバーグを作ったり、調理方法はお肉と同じです。大豆特有の青臭さも取り除かれており、一度食べればきっと満足していただけるもので、好きになってもらえること間違いなしです。食感も肉そのものを再現していると言えるような本物と同じようなレベルの商品もあります。

 

環境にも、健康にもメリットがある食材なので、とてもおすすめです。食物繊維も多く含み、ダイエットにも最適でヘルシーな食材です。植物肉を食べて温室効果ガスも抑えて地球環境にも優しく、カロリーも低く栄養価の高い上、美味しい理想的な食生活を実現しましょう。

 

揚げ物やそぼろ煮、カレーなど、作り方を紹介した、大豆ミートの簡単レシピも検索すると多数公開され新しいメニューも拡大していて、家でも簡単に調理できます。健康が気になる人の美味しい弁当のおかずとしても使える最適な食材です。

大豆ミートなどの植物肉で、健康的で安心な食生活と、地球温暖化防止に貢献しましょう

植物肉を購入し、栄養豊富で、低脂肪で健康的で安心な食生活と、地球温暖化防止に貢献しましょう。

また、大豆ミートなどの植物肉は、加工後乾燥状態で保存されているものが多く、賞味期限が長いため、非常食としても利用しやすく便利です。乾燥してものをそのまま食べても大丈夫。乾物の状態なので調理の際は湯戻ししてご利用下さい。今後さらに研究が進み多様な商品が開発され、新しい種類の商品も続々登場すると思いいます。

 

現在、アメリカの代替肉スタートアップ企業で植物肉を事業のベースとし事業展開しているフードベンチャー。業界大手で世界初の上場を果たし高いシェアを誇るトップブランドのビヨンドミート社(Beyond Meat)のエンドウ豆を材料としたステーキやソーセージ・ひき肉が、健康志向の海外セレブに非常に人気で、高い技術で、米国での需要は急拡大しています。 日本でのビヨンド・ミートによる事業展開については、いろいろ問題があり、まだ国内販売されていませんが、日本に上陸すれば、その価値を知って人気も高まると思います。さらに国産の商品も徐々に登場しています。

 

弊社ではVISION MEATの植物肉の製品を販売しております。スーパーなどにも出回りはじめていますので、普段の買い物でも見かける方もあるでしょう。健康的でおいしい代替肉をメニューに加え、良さを是非お試し下さい。今後、流行することは間違いない植物肉の動きから目が離せません。